おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

公認会計士

【公認会計士試験】働きながらの合格率と1つの勉強方法

更新日:

会社員の公認会計士試験合格率は?

【公認会計士試験】働きながら合格できるのか?
このページは上記の続きになりますので、読まれていない方はそちらを先に読んでいただけるといいかと思います。

・働きながら公認会計士を受験するとどのくらいの合格率なのか?

特に働きながら受験をしようかと考えているのなら気になりませんか?

 

早速ですが、会社員の合格率を見てみましょう。

 

公認会計士試験の合格率・・会社員と他を比較

  願書提出 論文受験 合格者 合格率 論文合格率
全平均 11,032 3,306 1,231 11.2% 37.2%
会計事務員 528 211 83 15.7% 39.3%
会社員 2,193 454 106 4.8% 23.3%
学生 3,991 1,125 619 15.5% 55.0%
無職 1,676 507 137 8.2% 27.0%

 

このデータからいくつか分かることがありますが、
最も気になるのは会社員の合格率の低さでしょう。

会社員の願書提出から最終合格までの合格率は4.8%

他の受験生の半分以下になっていることが分かります。

 

しかし、会社員も意外に多いことに気付きませんか?

願書提出者は全体の20%ほどになっているので、公認会計士試験の願書提出者は5人に1人は会社員ということになります。

 

例えば、100人が願書を提出したものが100人いるとすると、
そのうち20人は会社員ということになります。

その20人から最後の論文試験に合格する会社員は・・1人です。

だからと言って、会社員で公認会計士を受験するのはおすすめしません、などというつもりは一切なく、むしろ実態を知って「なるほど」と思っていただければと思います。

 

 

これは意外な結果?会社員は論文式試験に弱い?

このデータから読み取れることがもう1つあり、これは意外な結果かもしれません。

それは会社員の短答式試験と論文式試験の結果についてです。

 

会社員は他の受験者層に比べて、短答式試験には対応できても論文式試験にかなり弱いことが分かります。

短答式試験の勉強は量の試験であるのに対して、論文式試験は質の試験という事ができます。

通常ですと、会社員は社会経験があるなどで物事を考える力が高いように思えるので論文式試験に強いイメージがありますが、そうではないようです。

 

ただ、論文式試験の場合は租税法、経営学(選択科目)が新しく加わること、また企業法なども短答試験とはもはや別科目ともいえしっかりとした勉強をする必要があります。

それらの講義に加え論文答練や計算答練もあるため、社会人の場合は手が回らなくなって消化できず、合格しづらい状況になってしまう事も十分にあるでしょう。

特に租税法の量の多さは簿記の次に負担が大きいだけに、大学生などであっても大変だということは合格体験記や周りの受験生を見ても感じ取ることができるでしょう。

 

短答式より論文式に弱くなってしまう原因としては、普段の勉強で理解よりも結論を急ぎすぎてしまい、その過程の部分である根拠・理由等を軽視していたことも考えられるかもしれません。

 

論文式試験強い・弱い

こことは少し関係ありませんが、無職の人は短答式よりも論文式に弱い傾向にあります。

逆に論文式試験にもっとも強いのは学生で、学生は論文式試験に桁違いに強いのは、上記の論文合格率を見ると一目瞭然です。

 

会社員が少しでもスムーズに公認会計士に合格するためには、論文式試験に進んでも負担となるものを少なくしておく必要があります。

そのためには短答式試験のときから論文式試験を見据えた勉強方法や工夫をしておくといいかもしれません。

 

 

ツイッターを震撼させた?「合格するための1つの勉強方法」

時間を有効活用するためにある勉強方法を紹介します。

時間がない社会人にはぜひとも実践しておきたい勉強方法です。

 

優秀な大原生のAさんが実践していた方法です。

それは「テキストへの情報集約」です。

なにを今さらと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
テキストへの情報集約は時間を最も有効活用できる方法で、優秀な受験生Aさんはもう1つ工夫をしていらっしゃいました。

 

テキストへ情報を集約する際、
ペンで直接書き込むのではなく、『付箋』に書き込んでそれを貼り付ける。

というものです。

最初からいきなり書き込みをしてしまうと、見た目は勉強している感じに見えますが、実際どこが重要なのかを瞬時に判断するのに時間がかかったり、余計な部分に目がいきがちになってしまいます。

また、受験勉強が進むにつれテキストを読み返す機会が増えてきますが、そのたびに重要だと思えるところは変わり、以前重要だと思ったところは今では基本的なことだと思うこともあるでしょう。

 

この『付箋』を使った方法はかなり有効です。

今現在、自分に最も必要なものは何なのか?どうしたらより得点をすることができるのか?といった「メモ」も付箋に記載しておくと効率的に復習を行うことができます。

不要なものは付箋をはがしてしまえばすっきりします。

 

付箋を使ったもう1つの便利なこと

そして、この方法の優れているところはもう1つあります。

この付箋を使った方法を紹介している理由は、社会人が論文式試験対策をすると時間が足りなくなってしまう欠点を補うことにあります。

この方法を実践することで時間を有効に使うことができ、他の受験生に追いつく・追い抜くことが可能です。

 

この付箋の優れている点はさらにあります。

それは短答式試験では重要な箇所だったけど、論文式試験になると全く不要な箇所というのはたくさんでてきます。

そこで、短答の付箋ははがし論文式試験に必要な付箋だけにすれば、論文式試験専用のテキストに変わります。

この方法で合格された方は入門生でありながら答練・模試などは常に上位(1位や一桁)にある方でした。

 

会社員だからこそこういった勉強方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

最後に

【公認会計士試験】働きながら合格できるのか?

【公認会計士試験】働きながらの合格率は?

前回、今回の2回で、勉強時間の確保、講義スケジュールとの兼ね合い、合格率、合格率から分かること、勉強方法を紹介しましたがいかがでしたか?

前回の記事はこちら
【公認会計士試験】働きながら合格できるのか?

 

社会人で勉強をされている方や社会受験経験者の方は、合格するということは思ったよりも相当大変だなと感じている方も多いかもしれません。

 

会計士試験に絶対合格するんだという気持ちが変わらない方は、後ろを振り返らず公認会計士の勉強をはじめましょう、すでにしている方は強い意志を持って勉強をがんばりましょう。(ただ、時には息抜きも合格には必要です。)

 

今のそのやる気を忘れなければ必ず公認会計士試験を突破することができるでしょう。

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

本気で学習をしたい方は⇒大原へ無料請求 icon-external-link

価格を抑えたい、忙しい方は⇒クレアールへ無料請求 icon-external-link

一発で合格すると他校の半額以下⇒LECへ無料請求 icon-external-link

理解を重視したい方は⇒東京CPAへ無料請求 icon-external-link

 

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

その他の公認会計士記事

公認会計士30代についてはこちら
【公認会計士30代】30歳や35歳から合格・就職できるのか?

40代におすすめの資格をまとめたものはこちら
「40代」におすすめの資格

 

 

 

 

公認会計士が気になる方はこちら

番号順に読むことをおすすめしますが、あなたの状況に合わせて気になる所を読むのもok!
 
1.公認会計士って難しいの?合格率はどのくらい?
       ↓
2.高収入のイメージがあるけど給料や年収はどうなの?
       ↓
3.専門学校はどこがいいの?
       ↓
4.どの講座・コースがいいのか分からないから分かりやすく教えて
 

 

上記も含め、公認会計士の全ての記事はこちら

 

 

 

-公認会計士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.