おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

おすすめ

【転職も可能】30代におすすめの資格

更新日:

 

・30代でおすすめの資格ってどいったものがありますか?

・30代になると就職や転職は厳しくなるけど、それでも有利になる資格を教えてほしい。

このような悩みをお持ちの方にお答えします。

 

 

30代の資格と就職・転職

新卒や20代とは違って30代の就職や転職となると経験や資格がないと採用されるのは厳しいのが現実です。

ただ、就職や転職はタイミングの問題もあるのであきらめないことが大事です。

これは新卒の場合でも同じ事が言え、新卒であっても数10社落ちるなんていうことは結構ざらにありますので、30代ともなればそれ以上に厳しくなります。

 

そこで資格を取得して就職や転職を有利に進めていくのがいいでしょう。

 

社会人経験のある場合

有利に進める1つの方法

より有利に進める1つの方法として、以前社会人経験がある方は前職を活かした転職活動をすると意外とあっさり採用される場合も少なくありません。

 

違う業界・業種へ

しかし、人によっては業界・業種の違った所へ転職したいという方もいらっしゃるでしょう。

そういった場合であっても、前職をうまくアピールする事で就職活動を有利進めることが少なくありません。また、なぜ違う業界でその仕事をしたいのかアピールする1つの方法として資格の勉強があります。

入社したいという気持ちだけでなく努力が見えてこなければ採用する側としても難しいものがあります。

 

また、資格の勉強と同時にアルバイトや派遣会社でもいいので、その業界・業種の「実務経験」を積むことで今後の活動に大きくプラスとなるのでおすすめします。

 

資格と経験

短期間で取れるような資格よりも、実務経験を優遇するところは少なくありません。

例えば簿記1級を持っているものよりも、簿記3級+会計事務所でアルバイト経験を積んでいるものの方が採用されやすい場合もあるでしょう。

派遣会社で実務を学びながら資格を勉強するのが最善でしょう。

 

 

社会人経験がない場合

 

勉強や家の手伝い、病気等でこれまで就職ができなかった場合ですが、その理由をきちんと説明できる必要があります。

また、今はどういった事をしているのかといった事をアピールする事で相手に熱意を伝える事もできます。

しかし、社会人経験がない場合は資格の勉強をしている努力だけでなく、結果(資格取得)を見せる必要性が高くなります。

例えば全く異なった経理の仕事をしたといっても採用するのは難しくなりますが、簿記資格を持っているとなると採用する側も全く異なった対応になるでしょう。

 

資格を持っていても30代で社会人経験がない場合は就職するのは難しい場合も多いでしょう。

そういった場合はいつかの派遣会社に登録をしておくと様々な仕事を紹介してくれるので就職はかなりしやすくなります。

何も派遣会社でずっと働くわけではなく、あくまで実務経験を積むためだと思っていただけるといいでしょう。

例えば派遣で経理の経験が積みたいという場合に紹介してもらえたのは営業事務だったとしましょう。営業事務であっても経理職の一部をする場合もありますし、会社の基本は営業なので営業と連携を取れる営業事務の経験は今後の転職活動を有利に進められる場合も多いです。

社会人経験のなかった方は社会人経験を積むことが何よりも大事です。
採用する会社としても社会人経験がある場合とない場合では対応も異なる事が多いでしょう。

 

こうして社会人経験がない場合であっても派遣会社に登録する事で比較的容易に就職することができるでしょう。そして、そこで資格取得の勉強をする事で、「実務経験+資格」という強力な武器が出来上がるので機会を見つけて転職活動をするといいでしょう。

 

 

次はいよいよ30代で就職・転職するために取得しておきたい資格をランキングで紹介します。

 

30代におすすめの資格ランキング

1位 公認会計士

30代以上の合格者18%

20代の合格者が大半を占めますが、30代であってもほとんどの人が大手監査法人等に就職をすることができます。

監査法人等である程度勤務をすると年収1,000万円程度になるので収入の多い資格を探している人にもおすすめです。

安定した収入があり公認会計士として次のステージに進む場合その幅は資格の中で最も広いといわれています。

難関試験ですがメリットは非常に大きな資格であり、男女の差別がなく働きやすい職場なので男性だけでなく女性にもおすすめの資格となります。

 

この資格を取る

難易度:☆☆☆☆☆

取得に要する期間:1年~4年

会計最高峰の記事はこちら
公認会計士あれこれ(公認会計士関係の情報は全てこのページに集約)

 

 

2位 不動産鑑定士

30代以上の合格者68%、合格者の平均年齢38歳

大きく目を引くのは30代の合格者がかなり多いことでしょう。

不動産鑑定士自体合格者が非常に少なく、有資格者の価値はとても高いものとなります。

30代後半から勉強を始めて40代になったとしても40代の合格者も多いので、資格取得までに時間がかかってしまう30代の方にもおすすめの資格となります。

この資格を取る

難易度:☆☆☆☆(4.5)

取得に要する期間:1年~3年

不動産最高峰の資格はこちら
【不動産鑑定士】仕事と受験資格と合格率の推移は?

 

 

3位 社会保険労務士

 

働き方は企業内外を問わず活躍する事ができ、需要は多いものの社会保険労務士は不足しているのが現状です。

結婚・出産の方であれば同じ境遇の立場になる事ができ親身に相談に乗ることができたり、男性には相談しづらい事も女性同士なら相談しやすいこともあるでしょう。

また、女性の社会進出は増えてはいますが待遇は男性よりも低いため、女性が働きやすい環境を作るためにも女性の社会保険労務士は特に必要とされています。

この資格を取る

難易度:☆☆☆(3.5)

取得に要する期間:1年~2年

コスパが非常に高い社会保険労務士の記事はこちら
【社会保険労務士】仕事、受験資格、合格率はどうなってるの?

 

 

4位 弁理士

30代以上の合格者は80%

30代以上の合格者が圧倒的に多い資格でそのほとんどは社会人受験となっています。

弁理士は権利の取得と保護を目的に調査や特許庁に出願等の手続きを行います。

特にこの業界は学歴・経験年数ではなく「実力主義」な所もあるので、日々努力を怠らない人ほど向いている資格でもあります。

女性の合格者は少ないものの仕事自体は細かなところに目が届く女性にもおすすめの資格でもあります。

この資格を取る

難易度:☆☆☆☆(4.5)

取得に要する期間:1年~3年

当サイトの弁理士の記事はこちら
【弁理士とは?】仕事と受験資格と合格率の推移

 

 

5位 司法書士

合格者の平均年齢は38歳

平均年齢が30代後半となっているため30代から勉強をはじめても間に合う資格でもありますが難関となります。

ただ、就職や転職にも強く独立開業できる資格でもあります。

法律で困っている人は非常に多く、街の法律家として人や企業を助けたい人におすすめです。

この資格を取る

難易度:☆☆☆☆☆

取得に要する期間:1年~4年

当サイトの司法書士の記事はこちら
【司法書士とは?】仕事内容と合格率の推移

 

 

6位 行政書士

30代以上の合格者80%

弁理士同様30代以上の合格者がとても多い資格となります。

こちらは独立したい方や現在独立してる人でもう少し収入を増やしたい人におすすめです。

行政書士の仕事は多岐にわたるため全ての業務に精通する事は難しいので、他の行政書士と仕事がかぶる事も少ないでしょう。

この資格を取る

難易度:☆☆☆

取得に要する期間:6ヶ月~1年

当サイトの行政書士の記事はこちら
【行政書士】仕事内容と受験者数・合格率の推移

 

 

7位 販売士

販売士1級 30代以上の合格者71%

販売士については上位試験ほど合格者の年代は高くなります。

販売士3級の合格者は10代・20代で70%を占めますが、1級については30代以上で70%以上を占める事になります。

この資格は年代が高いほど合格率が高く、女性の方が合格率が高い傾向にあります。

級によって扱う範囲ががらりと変わるのもこの試験ならではでしょう。

3級は接客業中心なのに対して、1級は調査・予算・開発など経営者レベルで管理を行っていきます。

販売士は営業をイメージしてしまう人も多いかもしれませんが、幅広く業務を学ぶ事ができどのような仕事でも活かすことができる資格でもあります。

また、割と短期間の勉強で取れる資格なのでコスパのいい資格ともいえます。

この資格を取る

難易度:☆~☆☆☆

取得に要する期間:数ヶ月から1年

当サイトの販売士の記事はこちら
【販売士とは?】1級、2級、3級の合格率

 

 

8位 マンション管理士

30代以上の合格者91%

30代以上の合格者が最も多いのがこの資格です。

この資格を取得するには2通りの人がいらっしゃるでしょう。

1つは定年後のリスクヘッジとする

もう1つは宅建や他の資格と組み合わせて独立する

この資格を取る

難易度:☆☆☆

取得に要する期間:1年~2年

当サイトのマンション管理士/管理業務主任者の記事はこちら
40代以上は必見!【マンション管理士とは?】仕事や受験資格

 

 

30代におすすめの資格 まとめ

以上、30代におすすめの資格ランキングを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

20代ではなく30代の就職・転職は厳しくなり悲観される方もいらっしゃるかもしれませんが、30代はまだまだほとんどの仕事することができる年代でもあります。

 

異業界・異業種に進みたい方は前職と資格をアピールする事で就職・転職がしやすくなる事をお話しました。

社会人経験がない方や就職が思うように進まない方は、一旦アルバイトや派遣会社に登録して仕事を紹介してもらい、そこで実務経験を積みつつできれば資格の勉強をするとその後の転職は非常にしやすく収入も増やす事ができるでしょう。

 

可能性のある30代、あなたはどのような資格を持って進まれますか?

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

本気で学びたい方はこちら⇒大原へ無料請求 icon-external-link

安さを重視する方はこちら⇒クレアールへ無料請求 icon-external-link

法律系に強い!他校の半額程度の安さ!⇒資格スクエアへ無料請求 icon-external-link

楽しく学びたい方はこちら⇒ヒューマンアカデミーへ無料請求 icon-external-link

 

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

 

 

こちらのランキング記事もおすすめです。

「使える」資格ランキング

「役に立つ」資格ランキング

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-おすすめ

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.