おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

公認会計士

【公認会計士】受験生が知るべき短答式試験の合格率

更新日:

公認会計士の短答式試をざっくりいうと、

年2回あり、1回8,000人が受けて800人が合格 合格率は10%

合格率は10%ですが、人によっては表向きの合格率とも言われています。

 

表向きの合格率が気になる方は下記をクリックしてね。

参考

表向きの合格率はどうやって計算をしているのか?
気になる方は下記を読んでみてください。

⇒「【公認会計士】合格率、合格者数、受験者数はどのくらいなの?

 

 

公認会計士受験生が知るべき合格率(短答式試験)

受験生が知るべき合格率とは何か?
そして、合格率はどのくらいなのか?

順番に説明をしていきます。

 

試験を受けるためには願書を提出しますが、表向きの合格率は・・

表向きの合格率=合格者数/願書提出者数

という計算式になります。

 

願書の提出者数を分母にしており、この合格率は本などに掲載されている合格率であり、また資格試験サイトなどでも紹介される合格率です。

 

しかし、受験生が戦う相手は会場に行って受験した人のはずです。

そのため・・

実質の合格率=合格者数/会場受験者数

となるはずです。

 

 

公認会計士短答式試験 願書提出者数

例を出したほうが分かりやすいので例を出して説明をします。

例えば5月短答式試験を受ける人は願書を提出しますよね?
そうすると当然、願書提出者数は1とカウントされます。

しかし、願書を提出したけど短答式試験を受けない・会場に行って受験しない人も1とカウントされます。

 

どういった人がカウントされるのか?

受験しなくても願書提出者数に含まれる人(カウントされる人)

短答式試験免除者と言われる人がこれに該当します。

  • 短答式試験合格者
  • 司法試験合格者
  • 大学教授

 

公認会計士試験は

12月の短答式試験
  ↓
5月の短答式試験
  ↓
8月の論文式試験

このような流れになっている事は受験生なら知っていることでしょう。

 

短答式に合格し、8月の論文式試験で不合格だった

このような方は短答式試験に合格してるので短答式試験を受験する必要はないので「短答式試験免除者」といいます。

短答式試験は受験しなくても願書を提出しないといけないので「願書提出者数」として1加算されるのです。

願書提出者数に加算されるのは12月ではなく5月のみとなっています。

 

公認会計士短答式試験 実質の願書提出者

短答式試験では12月と5月では5月の方が合格率が低かったのを覚えていますか?

12月平均 受験者数 7,623人、合格者数1,007人 合格率13.2%

  5月平均 受験者数 8,154人、合格者数   623人 合格率 7.6%

 

5月の合格者数や合格率は低いですが、合格率の計算式は

合格率=合格者/(受験者+免除者

 

このように免除者が入っているため合格率が低くなるのは当然の結果となります。

(12月の合格率では免除者は入らず、入るのは5月のみです)

 

 

5月の短答式試験の合格率が異常に低い理由の1つに短答式免除者が加算されていることがあげられます。

そのため本当の合格率を出すためには、願書提出者数から免除者数を引いて実質の願書提出者数を出す必要があります。

 

 

それでは実質の願書提出者数を見てみましょう。

実質の願書提出者

年度 西暦 願書提出 免除者 実質提出
26年度 2013年 12月 7,689人   7,689人
2014年 5月 8,156人 1,589人 6,567人
27年度 2014年 12月 7,207人   7,207人
2015年 5月 7,637人 1,579人 6,058人
28年度 2015年 12月 7,030人   7,030人
2016年 5月 7,968人 1,637人 6,331人
29年度 2016年 12月 7,818人   7,818人
2017年 5月 8,214人 1,637人 6,577人
30年度 2017年 12月 8,373人   8,373人
2018年 5月 8,793人 1,613人 7,180人
31年度 2018年 12月 8,515人   8,515人
2019年 5月 9,531人 1,986人 7,545人

 

実質の願書提出者数は8,000人くらい

免除者数は1,600人くらいなので短答式試験を受験しない人は20%くらい含まれていることになります。

これを含めた合格率ってどう考えてもおかしいですよね。

 

26年度

26年度のみ「願書提出者数ー○=実質提出者数」この人数が一致せず謎です。
(直近4年は全て一致しています。)

監査審査会のHPにおいても数字が一致しないと記載がされています。
何があったのか・・・。

 

 

公認会計士短答式試験 欠席者と会場受験者

実質提出者数は出ましたが、全ての人が会場に行くわけではなく「欠席者」もいます。

欠席者ってどのくらいいると思いますか?

 

実質提出者数から欠席者数を引いて、ようやく会場で受験する人数が分かることになります。

 

年度 西暦 実質提出 欠席 欠席率 会場受験者
26年度 2013年 12月 7,689人 1,718人 22% 5,971人
2014年 5月 6,567人 1,640人 25% 4,927人
27年度 2014年 12月 7,207人 1,659人 23% 5,548人
2015年 5月 6,058人 1,555人 26% 4,503人
28年度 2015年 12月 7,030人 1,551人 22% 5,479人
2016年 5月 6,331人 1,591人 25% 4,740人
29年度 2016年 12月 7,818人 1,773人 23% 6,045人
2017年 5月 6,577人 1,661人 25% 4,916人
30年度 2017年 12月 8,373人 1,804人 22% 6,569人
2018年 5月 7,180人 1,834人 26% 5,346人
31年度 2018年 12月 8,515人 1,905人 22% 6,610人
2019年 5月 7,545人 1,941人 26%
5,604人

 

公認会計士短答式試験の欠席者はざっくりいうと・・

4人に1人は欠席していることになります。

 

これで会場で受験する人数が出たので実質の合格率を見てみましょう。

 

 

公認会計士短答式試験 実質の合格率

年度 西暦 会場受験者 合格者 実質
合格率
表向きの
合格率
26年度 2013年 12月 5,971人 1,003人 17% 13%
2014年 5月 4,927人 402人 8% 5%
27年度 2014年 12月 5,548人 883人 16% 12%
2015年 5月 4,503人 624人 14% 8%
28年度 2015年 12月 5,479人 863人 16% 12%
2016年 5月 4,740人 638人 13% 8%
29年度 2016年 12月 6,045人 1,194人 20% 15%
2017年 5月 4,916人 475人 10% 6%
30年度 2017年 12月 6,569人 1,090人 17% 13%
2018年 5月 5,346人 975人 18% 11%
31年度 2018年 12月 6,601人 1,097人 17%
13%
  2019年 5月 5,604人 709人 13%
7%

参考までに一番右に、表向きの合格率(合格者/願書提出者)を記載。

 

表向きの短答式試験の合格率は10%でしたが、

実質の合格率は15%となっていることが分かります。

 

 

公認会計士短答試験の合格率まとめ

公認会計士短答式試験は・・

願書ベースだと10人に1人合格だけど、

実質の会場受験者ベースだと6~7人に1人合格する試験ということが分かりました。

 

10人に1人よりも6~7人に1人だと少しは自信が持ちやすいかもしれません。

 

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

本気で学習をしたい方は⇒大原へ無料請求 icon-external-link

価格を抑えたい、忙しい方は⇒クレアールへ無料請求 icon-external-link

一発で合格すると他校の半額以下⇒LECへ無料請求 icon-external-link

理解を重視したい方は⇒東京CPAへ無料請求 icon-external-link

 

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

 

 

 

 

公認会計士が気になる方はこちら

番号順に読むことをおすすめしますが、あなたの状況に合わせて気になる所を読むのもok!
 
1.公認会計士って難しいの?合格率はどのくらい?
       ↓
2.高収入のイメージがあるけど給料や年収はどうなの?
       ↓
3.専門学校はどこがいいの?
       ↓
4.どの講座・コースがいいのか分からないから分かりやすく教えて
 

 

上記も含め、公認会計士の全ての記事はこちら

 

 

-公認会計士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.