おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

行政書士

【行政書士】フォーサイトの評判(メリット・デメリット)と料金

更新日:

 

①フォーサイトの行政書士講座を受けようか迷っているけど高いの?

②フォーサイトって最近よく聞く名前だけど評判はどうなの?

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

①フォーサイトの行政書士講座は69,800円109,800円となっています。

②下記にてフォーサイトの行政書士講座の評判やメリット・デメリットについて紹介します。

 

 

フォーサイトの行政書士講座と評判

コースの紹介と料金を紹介し、その後にフォーサイトの評判について紹介をしていきます。

 

フォーサイトの行政書士のコースと料金

初学者向けコース

行政書士スピード合格講座2020年試験対策

行政書士合格講座 2019年度試験対策

フォーサイトホームページより「行政書士スピード合格講座2020年試験対策」

フォーサイトの行政書士のコースは3種類あります。

 

1.バリューセット1

基礎講座+過去問講座の2つの講座がセットになっています。

基礎講座
→入門テキスト、テキスト10冊、DVD28枚
改正情報、確認テスト、合格カード等他多数

過去問講座
→過去問題集9冊、DVD12枚、模擬試験、演習ノート等他多数

通常基礎講座49,800円+過去問講座49,800円=996,00円ですが、
バリューセット1は69,800円約30,000円お得です。

 

2.バリューセット2

上記のバリューセット1に直前対策講座がセットになっています。

直前対策講座
→記述問題対策編、一般知識対策編、択一対策編

インプットでもある程度記述の対策をすることができますが、直前期では合格の点数が取れる対策を行っていきます。

・記述式問題は苦手とする方多いですが、これまでの知識の整理を行います。

・一般知識は行政書士で最も得点しづらいですが、その中でも落としてはいけない対策を行い、合格点に必要な問題が正答できる力をつけることができます。
また、ここでは試験委員対策も同時に行います。

・全科目バランスよく一問一答を使って知識が定着しているのか確認をしていき、一問一答を通してテキストの読み込みを行うようにしましょう。

通常基礎講座49,800円+過去問講座49,800円+直前対策講座30,000円=129,600円ですが、
バリューセット2は94,800円約35,000円お得です。

 

3.バリューセット3

上記のバリューセット2に答練講座がセットになっています。

答練講座
→基礎レベル問題・解説4冊、本試験レベル問題・解説5冊、DVD7枚

通常基礎講座49,800円
過去問講座49,800円
直前対策講座30,000円
答練講座19,800円
⇒合計149,400円となっていますが
バリューセット3は109,800円約40,000円お得です。

 

 

フォーサイトの評判(メリット・デメリット)

行政書士講座については包み隠さず記載していますが、思った以上にデメリットを口にする方が少ない印象がありました。

 

フォーサイトの評判(メリット)

・使ってる人がめっちゃ多い

・ネットで調べると同士が見つけやすい

・合格しやすいし、フォーサイトの行政書士の学校で一番でしょ

・フォーサイトの学習手帳なかなかいい。

・最初から一心不乱に勉強をしているといざ問題集をやっても忘れてなくて意外と解ける。

・ゆっくりだけど成長を感じた
→上記の方は合格者ではありませんが、フォーサイトを利用して現在奮闘中の方です。
成長を感じているということは合格の可能性はかなり高いかもしれません。

・福澤先生の教え方を信じれば合格できますので皆さんがんばってください。

・確認テストが相当いい、おまけみたいな感じだと思っていたけど勉強が順調かどうかの指針になる

・民法難しいって言うけどフォーサイトで民法の勉強しているけど楽しい

・単語カードって短時間で出来るので便利

・テキストは空白が多く書き込みができる
→テキストには合格に必要な情報をいろいろ掲載して少しでも合格させたいのが通常ですが、そするとどこが重要なのかといったところやテキスト内がごちゃごちゃして分かりづらいといった欠点があります。
そこで、フォーサイトのテキストは圧迫感がないため勉強がしやすく、また上記意見のように合格に必要な情報といったものを入れることができます。
そうすると、あなただけのオリジナルのテキストが出来上がり、試験まで読み込むことで効率的な学習ができるでしょう。

・楽しく続けることができる工夫がされてあるのでおすすめ

・フォーサイトを利用しているのか分からないけど商法結構解ける

・テキストが見やすくていい
→フォーサイト利用者の中では多くの方がテキストがいいことをあげていらっしゃいます。

・勉強に慣れていない人でも使いやすいシステム
→資格の勉強が初めての場合webを使って操作するのは慣れていないと難しい部分がありますが、フォーサイトはどのような方であっても分かりやすくなっています。

 

フォーサイトの評判(デメリット)

・テキストがフルカラーで見づらい

・合格に必要な情報量が少ない

・答練が弱い

・途中から勉強を開始してフォーサイトの講義はいいけど、次の年の合格コースがないのが難点。次の年の分をまた受けなおさないといけないのか。

・フォーサイトの記述対策弱いので市販のもので補った

・予想問題集や模試は他校と併用しないとダメだね
→インプットは繰り返しやることで身に着けることができるということでもあるので、フォーサイトを利用する場合は教材を信じて繰り返すことで確実に合格レベルに到達することができるでしょう。

・DVDいらないからネットだけでいいから講義代安くして!

 

 

フォーサイトの不合格返金制度

フォーサイトは不合格返金制度というものがあり、これについて触れている受講生の方がいらっしゃいませんでした。

合格返金制度については気になる方もいらっしゃるでしょうから下記にて紹介をします。

合格返金制度は簡単にいうと、フォーサイトの教材を使って合格できなかった

受講料を返金

受講料の返金については全ての人が適用されるわけではなくいくつかの条件があります。

 

フォーサイトの不合格時の返金の条件

条件1.確認テストで全て100点を取ること
→確認テストはeラーニングを使って何度もチャレンジすることができます。

条件2.本試験1ヶ月前に実施される学力テスト(eラーニング)が2回実施されます。
→このテストで150点満点中120点以上取ること。
※2回ありますがどちらも1回しか受けることができません。

条件3.本試験の合格ラインの9割を満たすこと
→本試験は300点満点中ですが合格ラインが180点とするとその9割以上なので162点以上が必要となります。

条件4.一般知識で24点以上

合格返金制度とは言っても学力テストで120点以上取るのは難しいかもしれません。
ただ、eラーニングなのでテキスト等を見て解く方もいらっしゃるかもしれません。

そのため本試験で合格点の9割といったものがあると思ってもいいでしょう。

厳しくてこれだと返金制度の意味がないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、かなり真剣に勉強をすると合格ライン付近に行くことは可能であり、あと数点あれば合格していたのにという方は意外と多くいらっしゃいます。

そのため本気で勉強をすると返金の対象になりやすいと思ってもいいでしょう。
ただ、本気で勉強をすると合格する可能性は高くなります。

 

 

行政書士 フォーサイトの評判・料金 まとめ

以上、行政書士の専門学校であるフォーサイトの評判(メリット・デメリット)、料金について紹介をしましたがいかがだったでしょうか?

・テキストはフルカラー、DVD(webも可)を使って学習をする通信講座
フォーサイトの行政書士講座

 

おすすめの記事

・おすすめのテキストはこちら
【行政書士】独学におすすめのテキスト

・30代で行政書士の受験を考えている方はこちら
【行政書士と30代】30歳、35歳から合格・就職できるのか?

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

学校

学校の評判や料金はどうなってる?

【行政書士】LECの評判(メリット・デメリット)と料金

【行政書士】大原の評判(メリット・デメリット)と料金

【行政書士】クレアールの評判(メリット・デメリット)と料金

【行政書士】ユーキャンの評判(メリット・デメリット)と料金

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

(合格を重視)

・法律に強く合格者が多い最もおすすめの大手専門学校
LECへ資料請求

・安定感のある大手専門学校
大原へ資料請求

 

(価格を重視)

・webに特化し法律に強い専門学校
圧倒的な安さが魅力
資格スクエアへ資料請求

・安くて合格できる学校
クレアールへの資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-行政書士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.