おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

行政書士

【行政書士】大原の評判(メリット・デメリット)と料金

更新日:

 

①大原の行政書士講座がいいと聞いたけど受講すると料金はどのくらい?
大手で安い講座があるといけどどうなんだろ?

②大原の評判が知りたい。
良いところだけでなく悪いところやうわさなどでもいいので知りたい。

③行政書士の勉強はしたことがあるので初学者向けの講義ではなく、勉強経験がある日と向けの講座ってありますか?

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

①③大原の行政書士講座は大きく分けると初学者と経験者の2種類あります。
初学者の方は169,800円(web通信)、184,800円(通学)、学習経験者の方は98,000円となっています。

②下記にて大原の行政書士講座についての評判やメリット・デメリットについてありのままを紹介します。

 

 

大原の行政書士講座と評判

コースの紹介と料金を紹介し、その後に大原の評判について紹介をしていきます。

 

大原の行政書士のコースと料金

初学者向けコース

入門完全合格コース

カリキュラム

大原ホームページより「入門合格コース」

こちらは大原の行政書士の一般的なコースになります。

講義は全部で71回となっており、法律初学者であっても理解できるように「入門講義」が用意されています。

上記画像は大原のものになりますが、分かりづらいので講義別に少し見てみましょう。

・入門講義 全3回

法律初学者に限りませんが、その学問を勉強する場合は全体像の把握を先にしておくとその後の勉強がしやすくなります。

そのため初学者はもちろんですが、行政書士の勉強が初めての方は入門講義があるこのコースがおすすめです。

入門講義はさっと終わるのが通常ですが、大原の入門講義は入門講義でさえ理解できているのか?その理解度を確認していきます。

そうすることでこの先の行政書士の勉強方法も多少見えてくることで勉強方法・方針をつかむことができます。

 

・基本講義 全53回

効率的に学習をすることができるように大原の総力を結集した講義となっています。
この講義を消化することで全科目を攻略することが可能です。

大原が他校と違うのは最適なスケジュールという効率性にあります。

通常は直前期に答練等が実施されそこで苦手論点を把握して合格レベルへ引き上げて合格を目指すことになります。

しかし、大原はこの基本講義の段階から科目の理解度を上げるスケジュールが組まれています。
その1つが復習テストを毎講義に行い復習度合いを確認します。

そして「定例試験」といわれるものが6回あり、そこでは成績表を見ることができ、早期に弱点発見、各科目の仕上がり具合を確認し着実に合格へ近づくことができます。

直前対策

・択一式演習 全6回
・記述式演習 全4回
・試験委員対策 全2回

この3種類の対策によって択一・記述式を合格点にプラスした実力をつけることが可能となります。

また、試験委員対策を行うことで最近の試験傾向や時事問題にも対応することができ、失点をしないことができるでしょう。

直前対策の最終段階になると・・

・中間模擬試験 全1回
・全国公開模擬試験 全2回

大原の模試は全部で3回実施されることで本試験形式に慣れて時間配分を実際に体験できるだけではなく、合格に足りない部分を発見することができます。

特に大原の模試は他校生も受講する大きな模試となることから本試験に近い自分の成績を知ることができます。
そのため他校生も大原の模試は必ず受けておきたいところです。

 受講料金
受講形態 開講月 一般 割引後
通学 10月,11月 204,800円 184,800円
web通信 10月,11月 189,800円 169,800円
DVD通信 11月 209,800円 189,800円

 

学習経験者向けコース

行政書士24+直前対策

大原ホームページより「行政書士24+直前対策期」

行政書士24の24とは何のことだと思いますか?

24とは24時間で行政書士の範囲を学ぶことができるということです。
にわかには信じられないかもしれませんが、重要ポイントを講師がテンポよく説明をされます。

普通は需要ポイントだけだと把握しづらいように感じてしまいますが、画面には箇条書きにされたものがあり思った以上にポイントがつかめる不思議な講義となっています。

そのため大原の24シリーズは特に人気が高いものとなっています。

本当にそうなの?ちょっと信じられないという方は大原を利用している知人に聞いてみると大原の24シリーズの人気の高さが分かるかと思います。
(リアルな知人がいなくてもツイッターなどでは大原を利用して行政書士の勉強をしている方もいらっしゃいますので聞いてみるのもいいでしょう)
この24シリーズは「時間の達人」とも言われてます。

24時間で全範囲の学習ができるだけではなく、1つの講義が5分~15分程度に収まっているのでコマ切れ時間を使ってさっと確認をすることができるようになっています。

また、論点ごとに何度も確認をしたい場合などにも有効利用することができたりと、「時間の達人」といわれることがよく分かる講座です。

 受講料金
受講形態 開講月 価格
web通信 随時 98,000円

インプットとアウトプットのバランスがいいですが、初学者には多少ハードルが高いためおすすめしません。(大原は初学者にもすすめています)

学習経験者であれば重要なことやどこが間違えやすいかなど多少は全体像を把握できているので学習経験者で費用を抑えたい方におすすめです。

 

大原の評判(メリット・デメリット)

行政書士講座については包み隠さず記載していますが、1つの意見として参考にする程度にとどめておくといいでしょう。

 

大原の評判(メリット)

・トレーニング問題集が使いやすく、やりこんで合格した
→この方の教材を見せていただきましたが、ものすごく使い込んでありボロボロになっていました。

・講師の教え方がうまくて憧れる、将来大原の講師になりたい

・通学希望で行政書士で通学に強いのは大原

・大原に変えて大変だったけど諦めなかったから合格できた

・学校全体のレベルの高さがある
→大原の講義に真剣についていくことで合格レベルになる人は相当多く、そのため大原は他校よりも受講生のレベルが高い傾向に感じる方も少なくないでしょう。
ですので、大原の講義をしっかり聴き、復習と演習をすることで自然と合格することができるでしょう。

・社労士24で社労士試験に合格したので、行政書士24にもお世話になろうと受講したが正解だった。
→慣れていると勉強の方向性も分かったり、どこが弱点でどう抑えて試験に臨むといいのか知っているの合格しやすいでしょう。

・テキストを何度も回すことで講師の言ってた意味が分かってきた
→直前期にこのようなことをおっしゃった方ですが、見事合格されていらっしゃいました。
講師の言葉って1回だけでは分からないことや当時は見えてない部分って実はかなり多いんです。
でも、テキストを繰り返し読むことや答練を真剣に解いて間違えて復習をしてと大変な思いをしてようやく講師の言ってたことが分かるようになったりする場合もあります。
大原は講師、テキスト、他の教材が優れているからこそ上記のような効果が現れやすいといってもいいでしょう。

・読み込みはしんどいけど大原のテキストは力になる

・細切れ勉強で合格できました
→この方は結婚をされていて子育てもありまとまった時間が取れないのですが、空いた時間を有効活用して合格されました。

・苦手だった箇所がわかるようになった。
理解もできるし勉強楽しいかも。

・大原で行政書士の勉強をして好きになった
→この方は現在行政書士として開業をしながら社労士の勉強をされていらっしゃいます。

上記2つの感想(評判)は「分かるから楽しい」大原受講生に割りと多くありました。

・解答速報が早い

・問題演習の質が高い
→大原のアウトプットの高さは専門学校の中でトップクラスです。
(大原が最もいいという方もいらっしゃいます)

 

大原の評判(デメリット)

・会社法嫌い、頭が混乱する
→大原のデメリットではないのですが、大原の評判は悪いところがあまりないためマイナスの意見もここに記載をしています。
行政書士受験生では肝となる会社法の対策ですが、正面から勉強をするとあまたが混乱する方は少なくないかもしれません。
そのためたった数問のために時間を割いても得点できないのならと捨てる方も少なくありません。

ただ、学校を利用している方は講師や教材に重要だとわかる箇所については確実に覚えておき、肢を確実に減らすことで正答率をあげておくようにするといいでしょう。

・もう少し深く勉強がしたかった

・質問はそれほどしないけど回数制限があるのは少し不安
→「行政書士24」等のコースの場合は質問に限りがあります。
行政書士24+直前対策は15回 行政書士24は10回

・行政書士24って10万円近く払ってるのに自習室使えないのはちょっと不満
→大原の24シリーズは「web通信講座」なのでweb専用となっていることや本コースではないため自習室は利用できないことになっています。

 

 

行政書士 大原の評判・料金 まとめ

以上、行政書士の専門学校である大原の評判(メリット・デメリット)、料金について紹介をしましたがいかがだったでしょうか?

・大原の利用を考えている方はこちら
大原へ資料請求

 

おすすめの記事

・おすすめのテキストはこちら
【行政書士】独学におすすめのテキスト

・30代で行政書士の受験を考えている方はこちら
【行政書士と30代】30歳、35歳から合格・就職できるのか?

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

学校

学校の評判や料金はどうなってる?

【行政書士】LECの評判(メリット・デメリット)と料金

【行政書士】クレアールの評判(メリット・デメリット)と料金

講座

・「LEC」は合格しやすいおすすめの専門学校です。
合格を重視する方はこちら
行政書士講座

・圧倒的質の高い「伊藤塾」
本気で合格を目指す方、何度受けても合格できない方に最もおすすめ
伊藤塾の行政書士講座を詳しく見る

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

(合格を重視)

・法律に強く合格者が多い最もおすすめの大手専門学校
LECへ資料請求

・安定感のある大手専門学校
大原へ資料請求

 

(価格を重視)

・webに特化し法律に強い専門学校
圧倒的な安さが魅力
資格スクエアへ資料請求

・安くて合格できる学校
クレアールへの資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-行政書士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.