行政書士

【行政書士】LECの評判(メリット・デメリット)と料金

更新日:

 

①LECの行政書士講座を利用するか迷っているんだけど評判はどうなの

②評判は良い評判だけではなく悪い評判も教えて。

②LEC行政書士講座を受講するとどのくらいの料金がするの?

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

①②下記にてLECの行政書士講座についてありのままを紹介します。
ただ、感じ方は人それぞれですのであくまでそういう意見もあるんだなという程度に思っていただけるといいでしょう。

③LECの行政書士講座は初学者の場合通学・通信ともに約200,000円、受験経験者の方は130,000円~300,000円程度となっています。
※他校から移転される場合であってもLECは他校からの割引や受験経験者割引といったものがあるので安く受講することができます。

 

 

LECの行政書士講座

評判の前にいくつかのコースの紹介と料金を確認しておきましょう。

LECの行政書士のコースと料金

初学者向けコース

初学者向けのコースには2つあります。

①パーフェクトコース

②パーフェクトコースSP

両者の違いを確認するために下記表をご覧ください。

 

パーフェクトコースSP

パーフェクトコースSP

LECホームページより「パーフェクトコースSP」

上記はパーフェクトSPコースになり一番左を見ていただきますと「法律入門講座」があります。
この講座を含める場合はパーフェクトSPになり、これを含めないものがパーフェクトコースになります。

そのため法律の勉強が初めての方はこの講座がある「パーフェクトコースSP」を選択し、宅建学習者や法学部出身者等の方は「パーフェクトコース」を選択するのがいいでしょう。

 

料金は10,000円の違いとなり10,000円で7回の講義を受講できるのでお得感があります。
そのため法律初学者でなくても「パーフェクトコースSP」を選択しておくのもいいでしょう。

メモ

10,000円でも安く抑えたい法律初学者の方は民法、憲法、行政法の本を買って勉強してもいいですが意外とお金はかかってしまいますし、無駄な個所まで勉強をしてしまう可能性もありますがその辺の判断はお任せします。

 

それでは次からは「法律入門講座」を含めた「パーフェクトコースSP」をご紹介しますので、「パーフェクトコース」を選択される方は「法律入門講座」の箇所は飛ばしてお読みください。

・法律入門講座

入門編では基礎法学、憲法、民法、行政法があり、この講座によって主要3科目の全体像がつかみやすくなり、特に法律の勉強が初めての方にはおすすめの講座となっています。

 

・合格講座

このパーフェクトコースSPは全部で87回(パーフェクトコースの場合は80回)あり、そのうち64回がこの合格講座になるためLEC行政書士の骨格といっていい部分になります。

講座の回数は多いものの知識の定着と理解のために多くの時間を割くことで結果として体系的に学ぶことができるようになります。
またここで合格に必要な知識を得ることができます。

 

・科目別答練

LECが行政書士に強い理由はインプットだけではなくアウトプットを含めた他校ではなしえない相乗効果をもたらす点にあります。

合格講座が合格に必要な知識を得るのであれば、この科目別答練は合格に必要な解答力を得ることができるといっていいでしょう。

 

・記述基礎力養成講座

行政書士の合否のカギを握っているといっても過言ではない「記述」対策を行っていきます。

記述式は短期間で身につくものではなくある程度の勉強量と時間が必要になってきます。

ところがLECの講座は入門講座→合格講座→答練といった段階を踏んでいることですでにある程度の記述対策を知らないうちに行ってきているのです。

そのためここでは記述対策を仕上げていく総合的な講座となっており、記述が苦手な人やどのように書いていいのか分からない方であっても合格点を取ることができるようになっています。

 

・文章理解特訓講座

力を入れていない方もいらっしゃいますが文章理解は合否に影響を与える曲者ともいわれています。
LECでは文章理解にも力を入れており確実に得点にしていくことで他の受験生に一歩差をつけることができるでしょう。

一般知識問題は対策がとりづらいですが、LECのこの特訓講座によって正答を導き出すことを学ぶことができる内容は濃いものとなっています。
この講座をしっかりと身に付けて自信をもって試験に臨みましょう。

 

LECの受講料金

LEC パーフェクトコース 受講料金
受講形態 受講料金 10/末まで
通学 235,000円 185,000円
web通信 235,000円 185,000円

※パーフェクトコースは10/末まで50,000円引きとなっています。

行政書士の一般講座のパーフェクトコース
・通学講座はこちら
LEC行政書士講座2022年 (通学)

・通信講座はこちら
LEC行政書士講座2022年 (通信)

 

LEC パーフェクトコースSP 受講料金

このパーフェクトコースSPは先ほど紹介したパーフェクトコースに入門講座を追加したものとなっています。(それ以外は同じ内容となっています。)

受講形態 受講料金 10/末まで
通学 255,000円 195,000円
web通信 255,000円 195,000円

※パーフェクトコースSPは10/末まで60,000円引きとなっています。

法律初学者におすすめのパーフェクトコースSP
・通学講座はこちら
LEC行政書士講座2022年 (通学)

・通信講座はこちら
LEC行政書士講座2022年 (通信)

 

次は受験経験者のコースをご紹介します。

受験経験者向けコース

横溝プレミアム合格塾 受講料金
受講形態 一般価格 12/末まで
通学 341,000円 301,000円
web通信 341,000円 301,000円

受験経験者向けのコースはいくつかありますが、その中でもダントツにおすすめなのは横溝講師の講座となります。

この講座の対象者

・経済的に余裕のある方

・次の試験で必ず合格を目指す意思が強い方

・試験合格後にやりたいことがあるため不合格になることは許されない方

高めの金額設定となっているのは講座の内容が非常に充実していることが挙げられます。

他のコースだけでなく他校にもありえない盤石なスケジュールとなっておりこれをこなすことができる方は合格確実といいでしょう。

それではどの程度盤石なスケジュールなのか見ていきましょう。

 

合格を確実にするスケジュールと講座内容

最初の3か月間で圧倒的なインプットの強化を行っていきます。
これにより知識が合格に最低限のレベルではなく合格に十分な知識を学ぶことができます。

そして3か月後からは早くも「解答力」を鍛え上げていくべく「プレミアム 解答力強化講座」を36回も行うことでインプットとアウトプットが自然と鍛えられることになります。
※楽してできるわけではなく本人の努力はもちろん必要です。

またキーとなる科目の商法や一般知識の講座を受講していただき基礎力と得点力を早くも強化させます。

通常ですとこのレベルでも十分ですが、「絶対に合格させる講座」なので、7月からは過去問を「徹底的」に分析を行う「過去問徹底解析講座」が20回行われます。(1回3時間なので60時間の分析となります)

これほど過去問を分析する講座は他校含めてありませんが行政書士は過去問をどれほど分析できてそれをどう活かすのかも1つのポイントになります。
この講座は分析を行うインプットの授業にとどまらずアウトプットもしていくことで過去問分析をどう試験で活かすのかも実践していくことになります。
インプットとアウトプットを相互に行うことと横溝講師の鋭い講義による相乗効果を受講生は得ることができます。

試験2~3か月前でも合格レベルに達している方も少なくないでしょうが、万全を期すために9,10月の2か月間は択一対策として「民法択一60問解きまくり講座」と記述対策として「記述60問解きまくり講座」、さらには過去問の確認として「過去問ラストチェック講座」を行います。

そして最後は模試を3回行うことで最終確認と修正があれば修正をして合格を確実なものにする講座となっています。

横溝講師の講座はこちら
行政書士 横溝プレミアム塾

 

180点アルティメットコース 受講料金
受講形態 一般価格
通学 128,150円
web通信 128,150円

受験経験者に必要最低限のインプットとアウトプットの学習講座になります。

合格できない受験経験者が陥りやすい論点を追求するとともに、基礎的な論点の復習も行うので合格に必要な知識を身に付けることができます。苦手論点を分かりやすく説明してあるのでこれまで理解できなくて得点できなかった受験生もこの講座を通して根本的な理解ができるようになるでしょう。

この講座のもう1つの特徴はアウトプットにあります。
アウトプットは受験生の間でもかなりの評判となっており、試験に役に立つ良問ぞろいとなっています。
また、インプット時に学んだ知識を得点できる知識に変換したり解法のテクニカル的なものも学んでいきます。

また六法を引いてしっかり理解をしてもらうのと過去問の分析等も行っていくのでコストパフォーマンスに優れた講座となっています。

アルティメットの講座はこちら
LEC行政書士 アルティメットの講座

 

LECの評判(メリット・デメリット)

LEC行政書士講座については包み隠さずそのままお伝えいたしますので、そういった意見もあるんだな程度に参考にしてみてください。

 

LECの評判(メリット)

・他校からLECに変えて点数が上がって合格できた。
でも、合格するためには自分にあった勉強法を見つけることが大事

・答練の難易度は高いものもあるけど、書き込んだり付箋を貼ったりして少しずつ得点もあがった。

・横溝先生の講義は分かりやすい
→LECでは最も定評のある講師といえば横溝講師になります。
合格者からの支持も高く、「LECなら横溝講師一択だよね」というほど。

・LECの合格基本書いい
→合格基本書はLECのテキストになり、

・LECの過去問集は最高、やればやるだけ力が付く感じ
→LECの過去問集は合格するためにはフル活用したいものです。

※LEC過去問は本当に使い勝手が良いのでLEC生ではなくても購入をしておきたいくらいおすすめです。

・テキストに付箋を貼って毎日見ていたら実力がついて結果合格できた。
→このように自分なりの勉強を見つけて継続すると結果がついてくることが分かります。

 

 

LECの評判(デメリット)

・会社法に少し時間を割いLEcの過去問で重要度の高いものをやったけど合格者もできていない。重要度下げるべきでは?

・横溝講師を知らなくて違う講師にしたんだけど、テキスト読んで線引くだけ・・
意味なかった。

→LECは「web講師フレックス制」というのを導入しており、1科目には2人の講師がおりそのどちらかを選択して視聴することができます。

また、例えば行政法一回目の講義を最初はA講師、勉強が進んで行政法一回目が気になって復習がしたい、講義をもう一度聴きたいとなったときにB講師を選ぶことも可能。

つまり、A、B講師どちらかを選んだり両方視聴するといったことができます。
そうすると、講師が合わなくて・・といったことがありません。
ただ、通学を選択する場合は講師の確認は必ずしておくようにしましょう。

・模試が難しい
→模試の利用方法としては解ける問題がきちんと正答できるのか?また成績表から自分の順位やできていない箇所の洗い出しに利用するいいでしょう。

 

 

行政書士 LECの評判・料金 まとめ

以上、行政書士の専門学校であるLECの評判(メリット・デメリット)、料金について紹介をしましたがいかがだったでしょうか?

講座

LECは合格しやすいおすすめの専門学校です。
・初学者におすすめの講座はこちら
LEC行政書士講座2022年 (通信)

・受験経験者におすすめの講座こちら
行政書士 横溝プレミアム塾

・受験経験者だけど安く抑えたい方はこちら
LEC行政書士 アルティメットの講座

・資料請求をして考えたい方はこちら
LECへ資料請求

 

おすすめの記事

・おすすめのテキストはこちら
【行政書士】独学におすすめのテキスト

・30代で行政書士の受験を考えている方はこちら
【行政書士と30代】30歳、35歳から合格・就職できるのか?

 

他の専門学校が気になる方は下記を参考にしてください。

学校

LEC以外の学校の評判や料金はどうなってる?

【行政書士】大原の評判(メリット・デメリット)と料金

【行政書士】クレアールの評判(メリット・デメリット)と料金

 

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

(合格を重視)

・安定感のある大手専門学校
大原へ資料請求

 

(価格を重視)

・webに特化し法律に強い専門学校
圧倒的な安さが魅力
資格スクエアへ資料請求

・安くて合格できる学校
クレアールへの資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-行政書士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2021 All Rights Reserved.