おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

公認会計士

【公認会計士】合格に必要な勉強時間はどのくらい?

更新日:

 

 

①公認会計士試験に合格するために必要な勉強時間は?

②1日10時間勉強するとどのくらいかかる?

このような悩み・疑問をお持ちの方にお答えします。

①合格するためには4,200時間~4,500時間程度の勉強時間が必要となります。

②1日10時間勉強すると・・あくまで計算上になりますが、17~18ヶ月かかるでしょう。

 

 

 

 

公認会計士試験合格に必要な勉強時間とは?

公認会計士試験に合格するためには一般的に3,000時間必要だと言われていますが、あなたはそのような話を聞いた事はありませんか?

しかし、勉強時間が知りたい場合、3,000時間と言われてもどの程度の量なのか?どのくらいの日数がかかるのか?分かりづらいものがあります。

そこで、公認会計士試験に合格した人の平均的な勉強時間を参考にしてみましょう。

 

 

公認会計士試験に合格した人の平均的な勉強時間

専門学校は合格者の勉強時間のアンケート等を行っているのでそれを例にとりながら考えて見ましょう。

 

A校、B校の場合

2つの専門学校のアンケートは大体同じような結果となっているようです。

・試験に合格するためには早い人で2年程度の期間を要します。

・入門、基礎期である1年目の勉強時間は4~6時間=平均5時間

・上級期である2年目の勉強時間は8~10時間=平均9時間

週に1日休み

合格者に共通するものとしてはこのようなものがあげられます。

これを元にどのくらいの勉強時間が必要なのか見てみましょう。

 

1年目・・入門、基礎期

・1日の勉強時間は平均5時間であり、1週間は1日休むので週6日間勉強していることになります。

5時間×6日=30時間
1週間の勉強時間は30時間程度が目安となります。

・1年間は52週間ですが、正月、GW、盆等があるので50週間とします。

1週間30時間×50週間=1,500時間
公認会計士1年目の勉強時間は1,500時間

 

2年目・・上級期

・2年目の勉強時間は平均9時間でした。

9時間×6日=54時間
1週間の勉強時間は54時間程度が目安となります。

・1年間は50週間ですので、1週間54時間×50週間=2,700時間
公認会計士2年目の勉強時間は2,700時間

以上より、公認会計士試験に合格するためには1年目1,500+2年目2,700=4,200時間かかることが分かります。

 

 

次は違うC校が記載しているデータを元に見てみましょう。

C校の場合

・入門、基礎期である1年目の勉強時間は6.1時間

・上級期である2年目の勉強時間は8.7時間

・比較しやすいように、合格までの期間は2年週に1日休みとします。

 

1年目・・入門、基礎期

・1日の勉強時間は平均6.1時間で週6日間勉強をしているので
6.1時間×6日=36.6時間
1週間の勉強時間は36.6時間

・1週間36.6時間×50週間=1,830時間
公認会計士1年目の勉強時間は1,830時間

 

2年目・・上級期

・2年目の勉強時間は平均8.7時間で週6日間勉強をしているので
8.7時間×6日=52.2時間
1週間の勉強時間は52.2時間

・1年間は50週間ですので、1週間52.2時間×50週間=2,610時間
公認会計士2年目の勉強時間は2,610時間

以上より、公認会計士試験に合格するためには1年目1,830+2年目2,610=4,440時間かかることが分かります。

 

学校の記載

C校の上級期は大体半年程度かな?というような記載がされていましたのでそちらで計算をしてみましょう。

これまで入門・基礎期2年、上級期1年としていましたが、入門・基礎期1.5年、上級期0.5年となります。

入門・基礎期
6.1時間×6日=36.6時間

1年は50週間で計算をしていたので、1.5年は75週間とします。
1週間36.6時間×75週間=2,745時間

(上級期)
8.7時間×6日=52.2時間

上級期は0.5年なので25週間となります。
1週間52.2時間×25週間=1,305時間

以上より、合格までに必要な時間は4,050時間となります。

 

 

学校の記載している勉強時間は正しいの?

学校が言ってる時間って本当なのか気になる方も多いでしょう。
アンケートの結果を利用しているので嘘を記載することはないでしょう。

私が気になったのは「上級期が半年程度」というところです。

 

12月短答式試験が終わって論文に変わるころは間違いなく上級期になるので、上級期の期間としては8ヶ月(1月~8月)は必要となります。
また、短答式試験前の学習においても上級用の講義があります。

とすると、半年程度というのはちょっと違うのでは?と。

このC校のスケジュールを見ると・・
入門・基礎期は11ヶ月、上級期は13ヶ月となっていました。

これを見ると、A校、B校の言ってる入門・基礎期1年、上級期1年とほぼ同じであることが分かります。

仮に、C校の入門・基礎期は11ヶ月、上級期は13ヶ月を利用しつつ、アンケート結果にある勉強時間で計算をすると・・

入門基礎期1,677時間
上級期2,828時間

以上より、公認会計士試験に合格するためには4,505時間かかることが分かります。

 

こうしてみると・・合格までに必要な勉強時間は
A、B校4,200時間程度、C校4,500時間程度となっており、多少の差はあるものの大体似ているともいえます。

そのため世間が言ってる3,000時間よりもかなり多いことが分かります。

 

次に、「毎日10時間勉強をするとどのくらいかかる?」という事が気になる方も少なくありません。

そこで次はそれを見てみましょう。

毎日10時間勉強すると・・?

合格までに必要な勉強時間は4,200時間~4,500時間であることが分かったのでそれを使ってみましょう。

毎日10時間といっても集中力の問題もあるので週1日は休み、1年間は50週間とします。

そうすると・・

公認会計士試験の勉強を毎日10時間すると、合格までに17ヶ月~18ヶ月必要であることが分かります。

 

ただ、公認会計士講座の入門期は講義数も少なく、復習や問題集をやってもやることがなくなり手待ちになることがしばしばです。

そのため勉強時間は入門期6時間、基礎期10時間、上級期12時間程度といったように勉強時間が増えていくのをイメージして、全体として平均10時間となります。

これは講義が進むにつれ科目が増えていったり、講義数が増えることで復習する箇所が増えるので勉強する時間は必要となってきます。

 

 

公認会計士と勉強時間 まとめ

以上、公認会計士に合格するまでの勉強時間を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

いくつかの学校の記載やアンケートを参考にしつつ、当サイトの見解をまとめたものになります。

ただ、勘違いをしてはいけないのは4,200時間~4,500時間に到達をすれば合格できる・合格圏内にあるわけではなくそれを保証するものではありませんし、このことはご理解していらっしゃるでしょう。

勉強を始める前にはその資格試験の勉強時間の大体の目安が分かるのであれば知っておきたいものです。

 

多くの公認会計士受験生は、自習室を利用して集中して勉強をしておりその結果の勉強時間に過ぎません。

また、ここに記載している以上に休憩時間・移動時間など時間を惜しんで勉強をする方も少なくありません。

公認会計士試験は生半可な努力で合格することは難しいですが、努力以上に価値のある資格であることは間違いありません。

本当にそうなのか信じられない人は知人・先輩などに話を聞いてみるのもいいでしょうし、身近にいないというのであってもツイッターなどを利用すると生の声を聞く事ができます。

 

・公認会計士が難しいと思っている方や受からない方はこちら
【公認会計士 短答式試験】受からない・難しい人は必見!

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

本気で学習をしたい方は合格者が最も多い⇒大原へ無料請求 icon-external-link

価格を抑えたい、忙しい方は⇒クレアールへ無料請求 icon-external-link

理解を重視したい方は⇒東京CPAへ無料請求 icon-external-link

 

※資料請求はもちろん無料
早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

・当サイトの会計士の全ての記事はこちら
公認会計士あれこれ

 

 

 

 

-公認会計士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.