おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

公認会計士

【公認会計士試験】受験資格と免除・・旧試験と比較

更新日:

①公認会計士試験を受験したいけど、受験資格はどうなっていますか?

②公認会計士試験って免除とかってあるんですか?

このような悩み・疑問をお持ちの方にお答えします。

①公認会計士を受験する場合、受験資格は不要なためどのような方でも受験することができます。

②公認会計士試験には主に短答式試験において免除規定がありこのページで紹介します。

 

 

公認会計士試験

公認会計士試験の受験資格

(旧公認会計士試験試験)

1次試験

2次試験(短答・論文)



3次試験

(現在の公認会計士試験)

1次試験は撤廃

短答式試験

論文式試験

修了考査試験

以前の公認会計士試験と比較しながら、現在の公認会計士試験の制度をざっと確認してみましょう。

 

 

1次試験

以前の公認会計士試験(旧公認会計士試験)は1次、2次、3次試験とあり、大学(短大も含む)を卒業していないものは1次試験を受験し合格することによって2次試験の受験資格を得ることができました。

1次試験では国語、数学、外国語、論文の4科目の試験となっていました。

しかし、現在の公認会計士試験では1次試験が撤廃となり、どのような方であっても受験することができるようになりました。
→公認会計士試験は受験資格は不要ということなので、中卒・高卒であっても受験することができます。

これは様々な分野・業界から優秀な人材を確保することが狙いのようです。

また、この1次試験撤廃によって、大学在学中や高校生の方でも受験することができるため挑戦される方も増え、若くして合格すれば監査法人だけではなく様々な業界で活躍することが期待できます。

 

 

2次試験、短答式試験・論文式試験と免除

この試験制度の改正は1次試験が撤廃されただけではなく、短答・論文式試験においても大きな変更点があります。

旧公認会計士試験の2次試験では、5月の短答式試験に合格し8月の論文式試験に合格することえ公認会計士試験の合格者となっていました。つまり、5月合格と8月合格と連続で合格しなければなりません。

現在の公認会計士の短答式試験は5月だけではなく12月にも実施され、12月が1回目、5月が2回目と年2回実施されそのどちらかに合格すると8月の論文式試験を受験することができます。

また、短答式試験に合格すると2年間短答式試験が免除されます。

このように旧公認会計士試験と現在の公認会計士試験は大きな変更があったことが分かります。

 

旧公認会計士試験は5月、8月の一括合格のみしか認められていないのに対して

①短答式試験の5月から8月の論文式試験まではわずか3ヶ月弱しかなかったが、12月に合格すると8ヶ月弱勉強する期間がある。

②短答式試験が年1回だったのに対して年2回挑戦できる。

③短答式試験に合格すると2年間免除される。

このように3つも変更点があります。

 

旧公認会計士試験って?

・短答式試験

現在の短答式試験は企業法1時間、管理会計1時間、監査論1時間、財務会計2時間となっていますが、旧公認会計士試験は会計学と商法で3時間で行われていました。

・論文式試験

1日目 簿記、財表、経営
2日目 原価計算、監査、経済
3日目 商法、民法

このようになっており各科目2時間となっていました。

 

 

3次試験、修了考査試験

こちらについては3次試験が修了考査試験にスライドした形になっているので省略してもいいでしょう。

 

 

公認会計士試験の免除について

公認会計士試験の免除について短答式試験、論文式試験に分けて紹介します。

短答式試験

・全科目が免除

→公認会計士短答式試験の全科目が免除になるのは唯一司法試験合格者だけです。

 

・財務会計論が免除

→公認会計士短答式試験で財務会計論の科目が免除になるのはいくつかあります。

1税理士有資格者であり税理士登録をしている者

2税理士簿記論および財務諸表論の合格者

3地方公共団体等で会計または監査に関する事務または業務等に従事した期間が7年以上になる者

 

・財務会計論、管理会計論、監査論が免除

→専門職大学院において一定の単位以上を履修した上で修士の学位を授与された者

何か難しそうで自分には関係ない免除規定だなと思っている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、この免除規定は公認会計士で勉強をしていると時々聞くことができる「アカスク」と言われるものです。

アカスク?

アカスクとはアカウンティングスクールと言われ会計専門職大学院を略したものです。

大原は公認会計士の専門学校でもありますが、それとは別に専門課程とよばれるコースがありそれがアカスクとよばれるものに該当します。

→大原の専門課程にはアカスクがある。

大原の専門課程で2年学べば公認会計士の短答式試験では企業法以外が免除となります。

 

短答式試験の合格発表ではどのくらいの点数を取って合格したのが何人いるのか確認することができます。その際、満点で合格している人が何人かいますが、そういった方はアカスクの方です。

大原のパンフレットの表紙に合格者数が記載されており2018年度は486名となっていますが、そのうちアカスク出身者は48名となっています。

つまり、この短答式試験3科目免除を利用している方が大原合格者の10%程度いらっしゃることが分かります。

 

こんな方はアカスクがおすすめ

 

下記のうちどれか当てはまるものはありますか?

・時間はある

・お金に多少ゆとりがある

・短答式試験に何度挑戦しても受からない

・公認会計士の短答式試験に合格する自信がないが、論文式試験は合格する自信がある。

・何が何でも公認会計士になりたい

 

上記でどれかに当てはまるものがある方は大原のアカスクについて知っておいてもいいかもしれません。
大原のアカスクはこちらから
大原のアカスクへ無料請求 icon-external-link

※希望のコースで「公認会計士・税理士」を選択してください。

 

 

論文式試験

論文式試験の全科目が免除になるものはありませんが、論文式試験であっても免除となる科目があります。

・企業法および租税法が免除

→司法試験合格者

・租税法が免除

→税理士有資格者であり税理士登録をしている者

・経済学または民法

→不動産鑑定士試験合格者

 

 

公認会計士試験 受験資格と免除 まとめ

旧公認会計士試験と現在の公認会計士試験を比較しながら現在の試験制度の流れとともに受験資格や免除について説明しましたがいかがだったでしょうか?

公認会計士試験は大卒ではなく高卒、中卒であっても目指すことができる資格でもあり、また試験制度の改正によってフリーや大学生ではない社会人であっても合格できる制度へと大きく変わりました。

公認会計士は並大抵の努力では合格することは難しい試験ですが、合格すると努力以上に大きなメリットのある資格です。

そのため挑戦したい方はぜひとも公認会計士を目指してみませんか?

 

 

おすすめの記事

・公認会計士試験の日程・スケジュールはこちら
【公認会計士試験の日程31年度・32年度】スケジュールや流れ

・おすすめのテキストはこちら
【公認会計士】おすすめのテキスト2019年・2020年度

・おすすめの問題集はこちら
【公認会計士】おすすめの問題集2019年・2020年度

・30代で会計士受験はこちら
30代、30歳や35歳から合格・就職できるのか?

・40代で会計士受験はこちら
40代で受験と転職は大丈夫?

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

学校

○学校選びで迷ってる方はこちら
専門学校ランキング2019,2020年度

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

・合格者が最も多い大手専門学校
迷ったらこの学校にすれば間違いなし!
大原へ資料請求

・合格率が最も高く理解を重視したい方におすすめ
テキストは全専門学校で最も定評あり!
東京CPAへ資料請求

・一発合格なら全専門学校で最も安く会計学に強い!
「安い&合格できる」おすすめの専門学校
LECへ資料請求

・圧倒的な価格の安さが魅力
基本を重視し確実にステップアップしたい方におすすめ
クレアールへ資料請求

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-公認会計士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.