おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

ランキング

【高校生】おすすめの資格ランキング”7選”

投稿日:

①高校生の間に何か資格を取っておきたいけどどんな資格がおすすめ?

②学生生活も充実させたいので取得しやすい資格がいい

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

・下記にて厳選した7つの資格を紹介しますので参考にしてください。

 

 

「高校生におすすめ」の資格

校生の間に取っておくといい資格や、高校生から勉強を始めておきたい資格を紹介します。

高校卒業後の進路は人によって異なり、大学に進む方は大学でどのような事を学んでいくのかを考えて資格の勉強をしておくと、大学に行った際に活かすことができるでしょう。

また、高校卒業後は就職を考えている方はどういった資格を持っていると就職を有利に進めることができるのか?また就職の先はどのような将来像を思い描いているのか考えて資格を取得するといいでしょう。

 

資格の勉強をすると視野が広がる事で物事の考え方やものの見方も変わる事もあり、またその資格の魅力に惹かれてより専門的な資格やそういった分野に興味を持つ事もあるでしょう。

資格は様々な可能性を秘めている”扉”のようなものです。

あなたはどのような扉を開くのでしょうか。

 

高校生と資格

高校生、大学生、大学院生と人によっていつ社会人に進むのかは違いますが、高校生であるあなたが今後どのようになりたいのかある程度決まっている人・将来なりたいものが決まっているのであればそのなりたいものになれるようにがんばりましょう。

高校生のうちにある程度決まっているという人は少なく、目標がすでに決まっているというのは素晴らしいことです。

また、将来やりたいことが決まっていないという方は、高校生という若いうちに学ぶ範囲を絞ってしまうと可能性を狭めてしまうことになるので、できれば広く学ぶことをおすすめします。

広く学ぶことは一見あまりよくないように思えてしまいますが、知らない事を学ぶことでその世界のことを少しだけ知ることができます。
そうすると、あなたの挑戦するステージ・活躍することのできる場所が広くなり、後々役に立つときが来る可能性が高くなるでしょう。

何気ない事柄であっても何年か経つと役に立つことが多く、そのためいろいろな物事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格の勉強でもいいですし、資格のマンガの本でも何でもいいので一歩踏み出してみる・・そのようなちょっとしたことであなたを大きく変えるきっかけになる場合があります。

そうすると人によってはもっといろいろな事に挑戦をしたい、将来やりたいことがたくさんあるなんていう事になるかもしれません。

やりたいことがたくさんあるということはあなたを輝かせてくれる存在になり、あなた自身も生き生きとした人生をおくる原動力にもなってくれるでしょう。

 

ここでは7つの資格を紹介しますが、資格はたくさんありますので、それ以外の資格も知りたいという方は当サイトのトップページに他の資格や様々なランキングもありますので、そちらも参考にしてみてください。
TOPページはこちら⇒トップページを見る

 

 

高校生におすすめの資格ランキング”7選”

1位 TOEIC

国際化がますます現代において英語は欠かせない存在になっていくのは間違いありません。

英語の勉強では英検、TOEIC、TOEFLがありますが、コミュニケーション重視であったり、勉強しやすいという意味ではTOEICが断然おすすめです。

TOEICは合格・不合格といった概念がなく、スコアがどのくらいなのかといったことであり、勉強をすればするほどスコアが伸びていくので面白さがあります。

大学への進学ではTOEICのスコアが影響を与えたり、大学の単位にも影響を与えるところもあります。
また、社会人となって企業へ就職をする場合にTOEICのスコアは大きく影響を与えます。

英語を必要とする職種は他の職種より多少待遇がいい場合が多いのでそういった所でもTOEICの恩恵を受けることができます。

TOEICである程度のスコアが取れるようにがんばっている高校生は少ないため、今のうちに500点程度でもいいので目指してみましょう。

 

・TOEICを詳しく知りたい方はこちら
【TOEICとは?】TOEIC資格試験の概要と”6つ”のメリット

icon-angle-rightしゃかいTOEICを取る

将来性の高さ:

HP:TOEICのホームページ

おすすめの専門学校

TOEICは学校に行かなくても市販にある教材を使って独学で勉強をすることができるので、費用があまりかからないメリットもあります。

また、高校生の間は学校の勉強や大学進学のための受験勉強をする必要があり、そちらにお金をかけたほうが得策でしょう。

お金に余裕がある方は・・多くの書籍があるアルクがおすすめです。

アルクのTOEIC対策講座はこちら⇒アルクのTOEIC(R) TEST 完全攻略シリーズ 

 

 

2位 ITパスポート

IT・AI化が進んでいきますが、その中で最も活躍することができるのがIT業界となるのは明らかでしょう。

IT系に興味がある方はもちろん、将来不安な方はITパスポートの勉強を通してITとはどういったものなのかを知ることができます。

ITパスポートはIT業界の入り口というよりはビジネス資格であるため、企業においては必要最低限度の必須知識となっています。

ただ、現在はまだまだ企業がIT化できていない部分もあり、従業員にそのような知識を持っている方も少ないのが現状です。

しかし、現在高校生の方が大学に進学をし就職をするまでの数年間において、社会は少しずつ変革を遂げていくことになるでしょう。

そのためにもあなたが新社会人となって企業に就職をする場合に企業を動かす原動力になってみませんか?

その可能性を秘めているのがITパスポートになります。

 

・ITパスポートについて詳しく知りたい方はこちら
⇒・【ITパスポートとは?】年代別・業種別合格率や推移

icon-angle-right ITパスポートを取る

将来性の高さ:

HP:ITパスポート試験ホームページ

おすすめの専門学校

大原、LEC

 

 

3位 簿記3級

企業は慈善事業で経営を行っているのではなく、利益を出していかなければすぐにでも倒産をしてしまいます。

このように企業の財政や経営がどうなっているのか?お金の流れはどのようになっているのかは簿記を勉強すると分かるようになります。
※簿記3級→2級→1級と進むにつれ学ぶ範囲も広く・深くなっていきます。

簿記3級はその中でも最も基本的な学習をする資格となっており、簿記3級の勉強をするうちに簿記の魅力を知り会計士や税理士を目指す方は少なくありません。

 

簿記3級は会計系の世界を知ることができますし、企業の経理などの就職をする際にも有利に働くことができます。
特に高校生を卒業しすぐに就職をする場合に「高校生新卒+簿記3級」を持っていると、企業に就職することは容易であり、会計事務所等にも就職することができるでしょう。

また、将来独立・起業を考えている方も簿記は収支などの構造を知ることができ、どのように経営を行っていけばいいのかを知ることができるので有用な資格でもあり、経営を行っていく場合は簿記3級程度の資格は必要不可欠となるでしょう。

icon-angle-right 簿記3級を取る

将来性の高さ:

HP:商工会議所ホームページ

おすすめの専門学校

大原、LEC、ネットスクール

 

 

4位 ビジネス実務法務検定3級

会社はどういった考えを持って会社を経営しているのかということが近年高まっています。

そのためあなたが社会に出て就職をする場合に企業にまつわる法律といったものを知っているかどうかが重要となります。

特に「律関係の仕事がしたい+一般企業に勤めたい」このような方はビジネス実務法務検定3級がおすすめです。

会社があれば何かしらの法律に引っかかることがあったり、それが予防できなくて大きな損害や最悪倒産にまで追い込まれる可能性もあります。

そのため会社はビジネスだけでなく、法律面においても知っておかなければならず、専門家である弁護士に些細なこと全て相談することは難しいでしょう。

ビジネス系の資格、法律系の資格とこれまでは別々でしたが、ビジネスと法律を結びつける資格が必要なことからビジネス実務法務検定があり、たちまち大人気の資格となっています。

icon-angle-right ビジネス実務法務検定3級を取る

将来性の高さ:

HP:ビジネス実務法務検定ホームページ

おすすめの専門学校

LEC

 

 

5位 秘書検定3級

秘書検定3級は高校卒業後に就職を考えている方には特におすすめです。

大学へ進学をされる方は大学で就職活動をする前には取得をしておくと有利に就職活動を進めることができるので、時間があるのであれば高校生の間に3級を取っておくといいでしょう。

秘書検定は仕事だけではなく、私生活においても役に立つ資格ですので取っておいて損はありませんし、「独学+短期」で取得可能なので勉強をはじめやすい資格でもあります。

icon-angle-right 秘書検定3級を取る

将来性の高さ:

HP:秘書検定試験ホームページ

おすすめの専門学校

LEC、ユーキャン

 

 

6位 知的財産管理技能検定3級

権利といったものは目に見える物が主なもので、たとえば車だったり、土地だったりといったものがあります。

インターネットが普及したことで、情報が急速に広まることになり、たとえば人の描いた絵などにも権利といったものがあります。
また、目に見えないアイデアや企業が持っているノウハウなども権利となり、勝手に利用するは著作権を侵害することになり、企業が法律を遵守してないと信用を失ってしまうことになってしまいます。

また、企業だけではなく個人が所有権を主張することができるように「知的財産」として登録をすることができます。

現在はyoutubeが大きなメディアとして利用される方も多く、なりたい職業ランキングで上位になっていますが、youtuberとして収益を得るためには知的財産権について知っておかなければなりません。

そのためには知的財産権に詳しい専門家に相談をする必要があり、知的財産管理技能検定は今後需要が高くなることは間違いないでしょう。

icon-angle-right 知的財産管理技能検定3級を取る

将来性の高さ:

HP:知的財産管理技能検定ホームページ

おすすめの専門学校

LEC

 

 

7位 宅地建物取引士

資格といえば士業とも言われるくらいに士業系の資格は人気で、それらの資格は・・

1.会計系

2.法律系

これら2つに分けることができます。
その法律系の中でも不動産関係の資格である不動産鑑定士、司法書士といったものは士業系資格の中でも独立をすることができるおすすめの資格です。

そして、それらの資格の前段階として高校生の方におすすめの資格が宅地建物取引士(通称:宅建)です。

他の資格と違ってある程度の勉強が必要となるため、時間がない方にはあまりおすすめできない資格です。
ただ、今後法律系の分野に進みたい、興味があるという方はおすすめの資格となります。

また、7位にランクインしているものの、宅建の資格を高校生で持っていると、高校卒業後に就職をしたいといった場合には強力は武器となります。

特に高校卒業という若い年齢と宅建という就職に強い資格をもっていると就職に困ることはなくなるでしょう。

icon-angle-right 宅地建物取引士を取る

将来性の高さ:

法律系に進みたい方のおすすめ度:

HP:宅建試験ホームページ(不動産適正取引推進機構)

おすすめの専門学校

LEC、大原

 

 

高校生におすすめの資格 まとめ

以上、高校生におすすめの資格をランキングで紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

・楽しく学びたい方はこちら
おすすめの資格:TOEIC
ヒューマンアカデミーへ無料請求 icon-external-link

・法律系に強く費用を抑えたい方はこちら
おすすめ資格:宅建
資格スクエアへ無料請求 icon-external-link

・本気で学びたい方はこちら
おすすめ資格:ITパスポート、TOEIC
大原へ無料請求 icon-external-link

おすすめ資格:ビジネス実務法務、宅建
LECへ無料請求 icon-external-link

 

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

こちらのランキングもおすすめ

【大学生】おすすめの資格ランキング

【将来性のある資格】おすすめランキング「ベスト10」

TOPページはこちら⇒トップページを見る

 

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-ランキング

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.