おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

ランキング

【30代女性におすすめ】”仕事・就職”資格ランキング

投稿日:

 

①30代女性におすすめの資格ってどういったものがありますか?

②順位があると分かりやすいのでランキングで教えて欲しい。

③勉強をして経営関係の資格を取得をしたいので勉強の目安のためにも難易度もつけてください。

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

・下記にて30代女性におすすめの資格をランキングで紹介しますので参考にしてください。

 

 

「30代女性」におすすめ資格

仕事をしているとこのままずっと働くことはできるのか?

また、保険など将来のことはどうなってしまうのか?といった問題は年々関心が深くなっていくことでしょう。

20代と違って30代となると真剣に考えなければならず、できることなら今のうちにやれることはやっておきたいと思うところでしょう。

そんな中「資格」という存在に気付き資格の勉強を始める方は多くなっています。

ところが、資格を取ったもののそれを活かすことができずに終わっている人は少なくありません。

資格の勉強を始める前になぜその資格の取得を考えたのかをもう一度考えて行動をするようにしないと、時間とお金を使って取得をしたのに意味を成さないことになってしまいます。

「先のことを考えて資格を取得する」

当たり前のようでいて実はこれを忘れている人が多く、難しい資格に挑戦することにやりがいを覚えたり、資格をただ取るだけのようにならないようにしなければなりません。

趣味で資格を取得される方もいらっしゃいますので一概には言えませんが、30代であるあなたは今後を見据えて何が一番自分に必要なのかを考えることをおすすめします。

女性の場合は結婚、出産、子育てということがあるためこのようなことも加味しておきましょう。

子育てをしながら働くワーママの方は増えていますが、実は出産をした女性の60%は退職をされていらっしゃいます。

 

 

30代女性資格ランキング

資格はいくつかあり、下記で紹介をしている資格については順位をつけることができないくらいどの資格もおすすめとなっています。

順位は女性にとってのおすすめ度、資格取得までの期間、収入の影響度等を加味してあります。

 

独立編

独立資格は定年といったものが泣く長く働くことができます。

しかし、このような独立系資格の多くは「士業系」の資格で、難関資格が多くなっています。

独立をするとその資格というよりも本人の努力次第で収入は大きく変わってくるのでやりがいもあるでしょう。

 

1位 社会保険労務士

社会保険労務士は取得しやすく独立できる資格

独立開業することができる資格であっても、独立するまでに条件といったものがあり、そうすると独立開業したくてもできないということがあります。

しかし、社会保険労務士は実務経験がなくても研修はあるものの年齢を問わず独立できる環境が整っています。

社会保険労務士は男性よりも女性の方がきめ細かく対応できたり、親身に相談できる印象が高いのでよりおすすめ度は高くなります。

多くの方が気になるAI化による資格への影響や仕事についても社会保険労務士は、基本的にヒトを相手にする業務が中心となっているので将来性にも強い資格となっています。

icon-angle-right 社会保険労務士を取る

おすすめ度:

難易度:

取得期間:6ヶ月~2年

期間については働きながら一発合格される方も少なくないので、今働いている方でも働きながらの勉強で社会保険労務士の資格を取得することが可能です。

 

 

2位 司法書士

1位の社会保険労務士以上に独立開業の環境が整っていて、実務経験、研修も不要で独立開業をすることができます。

ただ、難易度が高くそう簡単に合格することができない難関資格ですので、おすすめ度は少し下がっています。

しかし、法律の勉強が好きだったり、誰かを守ることや困っている人を助けることがしたいという方は司法書士の勉強をおすすめします。

特に女性特有の悩みを男性司法書士に話すのはちょっと・・という方も少なく需要は高いものと成っています。

icon-angle-right 司法書士を取る

おすすめ度:

難易度:

取得期間:2年~4年

 

 

3位 行政書士

1位の社会保険労務士と行政書士の難易度ランクは同じ3ですが、実際の難易度は社会保険労務士の方が高くなります。

その点行政書士はやるべきこと抑えておくと合格しやすい資格といえますし、社会保険労務士と違って受験資格を問わないので誰でも受験をすることができます。

早く試験に合格して1日でも早く独立開業をして後は自分の実力でがんばっていきたい方にはおすすめです。

icon-angle-right 行政書士を取る

おすすめ度:

難易度:

取得期間:6ヶ月~2年

 

 

就職・キャリアアップ編

キャリアアップにいくつかの考え方がありますが、30代女性の場合であっても今の仕事よりもう少し専門的な仕事がしたい場合に資格を取得して会社にアピールをすることで部署を変えたり、上の階級に就いたりできる可能性があります。

また、資格を取得すると知識が増えて仕事の幅が広がることになり、より待遇のいい所へ転職をすることもできます。

40代になると転職も厳しくなりますが、30代であればまだまだ転職をすることができるチャンスはあるでしょう。

ただ、気をつけておかなければらならないのはキャリアアップの資格はどのように生かしていくかといったことを考えた上で行動をするようにしましょう。

 

1位 中小企業診断士

近年30代女性を中心として受験生が多くなっている人気の資格です。

中小企業診断士は社内でのキャリアアップでは抜群の威力を発揮することができるので、勤めながら何かいい資格がないかな?と探している人は中小企業診断士を候補の1つとしておくといいでしょう。

企業経営についてはこれまで男性が行うことが多くありましたが、今後は女性からの目線も必要であり、需要も高くなっています。

icon-angle-right 中小企業診断士を取る

おすすめ度:

難易度:

取得期間:2年~3年

 

 

2位 宅建

費用対効果が高い資格の代表格です。

不動産・建設業界に勤務をしている方は宅建を取得すると手当てを出すところも少なくなく金額も三万円~5万円程度となっていますし、30代女性であれば転職もしやすくなります。

キャリアアップをして手当てがこれだけもらえるのならモチベーションをアップすることができるでしょう。

また、不動産・建設業界で宅建の知識を活かすことができれば、今後転職や独立を考えた場合にも幅広く対応をすることができるでしょう。

特に3ヶ月~半年程度で合格できますし、宅建で民法等を学習したことで法律の世界にも進みやすくなるでしょう。

icon-angle-right 宅建を取る

おすすめ度:

難易度:

取得期間:3ヶ月~6ヶ月

 

 

3位 秘書

一般常識、気配り、言葉遣いなど社会人に必要なマナーを学ぶことができます。

これは仕事のキャリアアップだけではなく、他人と接するときに秘書検定を持っていると意識をせずにできるので役に立つことは多くなります。

また、30代女性で秘書検定資格を持って活躍している方は難易度の高い秘書検定1級を持っている方が多くいらっしゃいました。

icon-angle-right 秘書を取る

おすすめ度:

難易度:

取得期間:1ヶ月~1年

 

 

30代女性におすすめの資格ランキング まとめ

以上、30代の女性におすすめの資格をランキングで紹介しましたがいかがだったでしょうか?

学校

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

・法律系に特に強い大手LEC
おすすめの資格:社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、宅建、秘書
LECへ資料請求

・おすすめの資格:社会保険労務士、行政書士、宅建
大原へ資料請求

・安くて合格できる学校(価格を抑えたい方はこちら)
おすすめの資格:社会保険労務士
クレアールへ資料請求

○もう少し独立系の資格が見たい方はこちら
【独立におすすめ】資格ランキング”8選”

 

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-ランキング

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.