おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

社会保険労務士

【社労士】フォーサイトの評判(メリット・デメリット)と料金

更新日:

 

①フォーサイトの社労士試験の受講料金ってどのくらいするの?

②フォーサイトの特徴は?

③フォーサイトの社労士の評判(メリット・デメリット)を教えて。

 

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

①フォーサイトの社労士講座は万円程度となっています。

②下記にてフォーサイトの特徴について紹介をしていますので参考にしてください。

③下記にてフォーサイトの”本当”の評判(メリット・デメリット)を紹介します。

 

 

フォーサイトの社会保険労務士講座

フォーサイトの特徴

テキストがいい

フォーサイトで使用するテキストは社会人の方が合格しやすい作りになっています。

その大きな理由としては「テキストに重要度がある」ということです。

これがあると何が違うのか少し見て見ましょう。

フォーサイトのテキストは項目別に重要度がABなどと振ってあるだけではなく、さらに細かい項目についても★~★★★★★といった重要度があります。
例えば5行くらいの項目であっても重要度があちこちに記載されているので、時間の都合にあわせて勉強をすることが可能です。

苦手項目であってもそこがAランクなら抑えなければなりませんが、苦手だと勉強するのが嫌になってきます。
そういったときは★マークが4つや5つのみをまずはしっかり抑えるようにして、マスターの度合いによって範囲を広げると勉強しづらいということがなくなります。

苦手な項目というと全体を抑えないといけないと思い、時間をかけないと克服できないのでは?という印象があるかもしれず、そのため時間をかけないことで苦手項目はますます苦手になっていく傾向にあります。

社会保険労務士試験は各科目に基準点があることから苦手を作ってしまうと合格が遠のいてしまいます。

ただ、その場合は苦手であってもそこが重要度が高いのであれば、まずは★マークの多いところから順につぶしていくと勉強がしやすいですし、バランスよく勉強をすることができます。

フォーサイトはこのようにバランスよく勉強をすることができ、苦手・点数が取れない論点であっても最低限の点数は取れるようになっているので合格率が一般受験生と比べて高いことが分かります。

 

講義

分かりやすい講義をモットーにしており、そのため講義は常に実例を交えながら説明をされます。

社労士の勉強はイメージしづらいことが多いため初学者の場合は特に理解するのに時間がかかってしまいます。
理解できないでいるとその箇所の問題が出ると間違えの元になったり、正答することができなかったりし、苦手論点へと変わっていきます。

また、講義を聴き分かっただけでは実は合格することは難しく、試験に合格するために「分かっている知識を合格できる知識」に変換してあげる必要があり、そのような合格に必要なノウハウ等を授業で学ぶことができます。

 

受講環境

DVDで講義を視聴しますが、だからといってwebを使わないわけではありません。
受講者は「道場破り」というのを利用すると過去問講座や直前対策講座は動画からも視聴することができます。

ネットで講義を視聴することができるので、移動中などを使って講義を復習することができコマ切れ時間を有効に使うことができます。

メモ

道場破りは学習スケジュールの作成ツールがあり、必要な事項を入力することで、計画を自動で作ってくれるので便利です。

確認テストも道場破りにあり、ゲームをする感覚で勉強をすることができます。
勉強を少し楽しみながら確認をすることができ、このテストの結果はランキングになるのでますますがんばろうという気になるでしょう。

遊び感覚で勉強ができるのもフォーサイトならではです。

※道場破りはフォーサイトのeラーニングシステムで特許を取得しています。
こういうのはよくスマホ・タブレットだけ対応といったものが多いですが、パソコンでも利用することができます。

通信だと孤独に耐えながら勉強を・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「受講生サポートブログ」「講師ブログ」「フォローメルマガ」といったものがあります。

そのため少しモチベーションが下がり気味だなと思ってもモチベーションをあげることができます。

 

質問制度

質問制度は上記の道場破りにて質問をすることができます。

ただ、質問には回数制限(無料)があります。

バリューセット1 10回

バリューセット2 15回

上記回数を超えて質問をする場合は、1回500円にて質問をすることができます。

メモ

質問制度はあるものの4割程度の方は一度も質問制度を利用されていません。

また、質問の平均回数は5回となっており、フォーサイトはその2倍以上を質問の上限としています。

 

総評

フォーサイトの特徴としてはテキストと講師が大きなものとなりますが、短い時間で合格することができる専門学校という特徴があります。

通常は合格するための情報量が多く、それをこなすことができず試験を受けるときは不十分なまま受ける受験生も少なくありません。

・他校がAランクの武器を持っているもののその熟練度は50%程度

・フォーサイトはBランクの武器ではあるものの熟練度は100%に近く、武器の弱点を知り尽くして完全に使いこなせるレベル

これは結果を見るまでもなくフォーサイトが圧倒的に強い結果になり、社労士試験だとフォーサイトの方が合格率が高くなるのは目に見えてます。

忙しい社会人・家事の方や試験まであまり時間がないといった方におすすめの学校といえます。

 

 

フォーサイトの社労士の料金は?

フォーサイトの受講料金はどのくらいなのか?気になるところでしょう。

 

講座別単科

基礎講座

受講料金54,800円

テキスト 10冊
DVD 32枚
確認テスト 16回
補足資料・副教材 法改正、白書、合格体験記等

 

過去問講座

受講料金54,800円

問題集 10冊
DVD 17枚
模擬試験 各1冊
予想問題集 4冊
補足資料・副教材 法改正、演習ノート、合格体験記等

 

直前対策講座

直前対策は5種類用意されており、1種類から選択することができます。

各10,000円

5種同時申込 45,000円

・択一対策編

・法改正対策編

・横断まとめ編

・白書・統計対策編

・選択対策編

 

これまでは個別の単科でしたが次は上記のものがいくつかセットになったものを紹介します。

講座セット価格

バリューセット1

基礎講座+過去問講座のセットになります。

単科合計額は109,600円→セット価格72,800円
※約37,000円お得

 

バリューセット2

基礎講座+過去問講座+直前対策講座のセットになります。

単科合計額は159,600円→セット価格99,800円
※約60,000円もお得

 

 

フォーサイトの評判(メリット・デメリット)

 

フォーサイトの評判(メリット)

・講義はweb通信ではなく「DVD」なので通信が不安定な自分でも視聴することができた。
→フォーサイトの講義はwebを使ったものではなくDVDを使って勉強をするタイプなので、例えば受講期間が終了し惜しくも試験不合格になった場合でも使用することができるメリットがあります。

・テキストがカラーでイラストもあるので見やすい
→通常学校のテキストはほとんど一色刷りとなっていますが、フォーサイトは視聴タイプでありながら、カラーのテキストなので勉強が苦手な方ほど見やすい印象があります。

・DVDなのに安い!

・テキストが薄くて心配だったが、重要なことだけをつめて書かれてあるので勉強しやすい
→他の学校のテキストと比較をすると量は圧倒的に少ないものの、講師の言葉を理解しテキストをしっかり抑えることで合格に必要な事項を習得することが可能です。

また、合格するためにはどのくらいそのテキストを読み込むことができるのか?どの程度ものにすることができるのかが重要となります。

社会人など仕事がある方や家事などで忙しい方は社労士の全科目の勉強を終わらすのに時間がかかり、復習するだけでも精一杯になります。
合格するためには講義で得た知識を本試験レベルに対応する力を身につけなければなりません。
そのためには余裕をもって実践演習期間に入ることが重要です。

フォーサイトは社会人でも合格しやすい分量にしてはいますが、実践演習で合格レベルに引き上げることが可能となっています。

・道場破りのチェックテストがおもしろい
→フォーサイトの特徴にも記載をしていますが、遊び感覚でランキング上位を目指せるのは面白い試みです。

 

フォーサイトの評判(デメリット)

・資料請求したけど受講料金が一切書いてなかった。
→講座のパンフレットではなく別紙に講座代金は書かれてあります。

※キャンペーンを随時実施していることや価格が多少変わることもあるので変更がしやすい別紙を使って対応しているのではないかと思います。

受講料金が知りたい方も多いことから当サイトにて受講料金の紹介もしていますので参考にしてください。(上記箇所に金額は紹介済みとなっています。)

・テキストがカラーのイメージがあってちょっと分かりづらい
→これまで他校で他の資格の勉強をしたことがある方だとフォーサイトのテキストは少し見づらいと感じるかもしれません。
テキストは1色刷り(多くても黒と赤の2色刷り)に限るという方は合っていないかもしれません。

・講師の話は分かりやすくていいんだけど、レジュメを使って話してくれたほうが効率はよさそう。
→フォーサイトの講義はテキストの画面を映しながら講師が説明をし、また、そのテキストに線を引いたり丸で囲んだりといったことをして視覚的に分かるようになっています。

ただ、この方のおっしゃるとおりテキストを読んだり説明をする場合は、レジュメなどに箇条書きにしたものを使いながら説明があると理解はしやすいという感じがあります。
当サイトはデメリットについてはかなり厳しく意見を述べているので、他の方からすると別に問題ないのではと思う方も少なくないでしょう。

 

 

フォーサイトの社労士の評判と料金 まとめ

以上、フォーサイトの社労士講座の評判と料金について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

講座

価格が安い講座を探している方で
社会人で忙しい方や試験まで時間がない方におすすめです。
全国平均の合格率6~8%→フォーサイトの合格率は26%
フォーサイトの社労士講座はこちら

・インプットアウトプットに優れているおすすめのLECの講座はこちら
社会保険労務士講座

 

資料請求

・基本を重視した大手専門学校はこちら
大原へ無料請求 icon-external-link

・確実に合格を狙うなら
LECの資料請求はこちら icon-external-link

・価格の安い専門学校なら
クレアールの資料請求はこちら

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-社会保険労務士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.