おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

会計・労務・経営関係

【社労士】安い・おすすめの専門学校(予備校)ランキング2019,2020年

投稿日:

 

①社労士の専門学校でおすすめの学校は?

②高い講座代は無理・・受講料金が安い専門学校ってありますか?

③社労士の勉強って初めてだから分かりやすい予備校を教えて欲しい。

このような悩み・疑問をお持ちの方にお答えします。

社労士の勉強でおすすめの専門学校はLECと大原の2校です。

合格率の面から考えてもLECと大原のどちらかがおすすめですが、価格重視の方はそれらの半額以下で受講する事ができる資格スクエアがおすすめです。

③最も分かりやすく教えてくれる予備校はLECの講座になり、こちらは入門講座が非常に分かりやすいので初学者の方であっても、また資格の勉強自体初めての方であっても理解しながら講義を聴くことができるでしょう。

 

 

社労士の専門学校(予備校)ランキング

最近はインターネットの普及によってDVDだけでなくwebを使って講義を視聴することができるなど通信講座が増えています。

しかし、専門学校等の予備校を利用する場合はできるだけ通学講座を選ぶようにしましょう。
通学講座は学校に行く手間はかかるもののそれ以上に効果が高く、通信等に比べて合格率は2倍以上といわれています。

ただし、仕事や用事等や通学圏外にある場合は通信講座の選択肢しかありません。

上記のように学校を選ぶ場合にはまずは通学講座を第一候補にあげ、ダメなら通信講座といった選び方にするといいでしょう。

そのため通学講座と通信講座の2種類がありますので、ランキングにおいても2種類のランキングを行います。

また、専門学校を探す場合に

・おすすめの学校はどこなのか?合格しやすい学校はどこなのか?

・多くのお金を払うのは厳しいからできたら安い学校がいい

このようにどちらを重視するかが問題となります。

もちろん安くて合格しやすい学校があればそれがいいですが、安い学校にはそれなりのデメリットがあることを知っておいたほうがいいでしょう。

知った上で納得できる範囲であるならばその学校を利用し、あとはその学校を信じて勉強をする事で合格も近くなる事でしょう。

 

それでは下記ランキングにおいて・・

1.料金が安いおすすめの専門学校ランキング

①通学講座編
②通信講座編

2.合格しやすいおすすめの専門学校ランキング

③通学講座編
④通信講座編

このように4つのランキングを行いますのであなたあったものを選んでみてください。

 

料金が安いおすすすめの専門学校ランキング

※2019年6月現在の価格

価格が高いのか?安いのか?といったことは現状どのくらいなの料金なのかを知らなくては判断する事が出来ません。

そこで、安い順にランキングを行っていますので参考にしてください。

 

①通学講座編

1位 LEC 154,000円~215,000円

2位 大原 196,400円~235,700円

社労士の通学講座は大手以外は実施されていません。
そのため通学講座を利用して勉強をしたい方は上記のLECか大原から選ぶ事になります。

各場所に学校があるということはそれだけ土地、備品代から講師の人材費等がかかることから料金はどうしても高くなってしまいます。

ただし、先述の通り通学講座は通信講座より合格率が2倍以上高い事をお話しました。
あくまで計算上の話になりますが、通学講座だと1年の一発合格だけど通信講座だと2回の受験で合格ということを考えると1年でも早く社会保険労務士として働く事が出来るほうがいいのは言うまでもありません。

もちろん、通信講座でも1発で合格される方もいらっしゃいますので上記の話はあくまで1つの例ということになります。

あなたのやる気次第では通学講座に負けない合格率を出す事もできるでしょう。

 

次はそのような通信講座で料金の安い順のランキングを見てみましょう。

②通信講座編

1位 資格スクエア 69,900円

2位 フォーサイト 74,800円

3位 ユーキャン 79,680円

4位 アガルート 166,600円

5位 LEC 154,000円~215,000円

6位 大原 191,500円~230,800円

 

資格スクエア

資格スクエアは難関資格である司法書士試験においてもおすすめの専門学校のため、社会保険労務士においてもおすすめ度は高く、また価格も社会保険労務士講座の中では最も安いことから価格重視の方は資格スクエア一択といってもいいでしょう。

資格スクエアはアウトプットも強く、特に択一対策で過去問を重視する資格に強い特徴があります。
というのも、アウトプットの教材として東京大学教授の特許システムの過去問集があり、解答方法によって問題があなたの苦手な問題を中心に出すようになっています。
そのため知らず知らずのうちに苦手な部分がなくなったり、苦手な箇所を明確にする事でテキストに返って復習をする際注意深くよむようになります。

そうすると、社会保険労務士で大事なバランスよく科目の勉強をする事が自然とできるようになります。

科目ごとに基準点が設けられている社会保険労務士は資格スクエアが強い理由がよく分かります。

 

 

合格しやすいおすすすめの専門学校ランキング

③通学講座編

1位 LEC 154,000円~215,000円

2位 大原 196,400円~235,700円

料金が安い順とおすすめ順は変動はなく、LECがおすすめとなります。
また、LECは社学者でも学びやすいような講座がセットになっているのでお得だといえます。

大原もLECに負けないくらい合格しやすい学校ですが、初学者用のものを付けると価格が高くなってしまいます。

 

④通信講座編

1位 LEC 154,000円~215,000円

2位 大原 196,400円~235,700円

3位 資格スクエア 69,900円

4位 アガルート 166,600円

5位 フォーサイト 74,800円

6位 ユーキャン 79,680円

通信講座であってもやはり大手は強くLEC、大原がおすすめとなります。

大手には多くの方が受ける答練といったものがあります。答練って何?という方もいらっしゃるでしょうから、答練は簡単にいと小テストのようなものです。

そのテストによって自分の得点・順位や他の人は正答しているのに自分は不正解だったといったとるべき問題や苦手といったものを明確にする事ができます。

また、教材も豊富なので合格に十分といえます。

量が多いことは欠点になるのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに使い方を間違えてしまうと教材が消化不良になってしまい全て終わらす事が出来ない方もいらっしゃいます。

絞った教材を何度も繰り返すほうが効率もよく、またスケジュールに追われる心配がないことから精神的な面もいいでしょう。
そうすると資格スクエア等の学校もいいでしょう。

ユーキャンもテキストのつくりはいいのですが、ユーキャンには動画といったものが基本的にありません。
そのためテキストだけで社会保険労務士の科目を理解するのはなかなか難しいものがあります。
独学が得意な方はこのような動画がないタイプが合っているかもしれませんが、全ての科目をバランスよく、そして各科目で基準点を下回ってしまうような苦手があってはたちまち不合格になってしまうことから講師が説明をする通信や講師を生で見て勉強をする通学講座がいいでしょう。

 

 

社労士おすすめの専門学校ランキング まとめ

以上、社労士試験におすすめの専門学校を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

通学講座、通信講座に安いものからおすすめのものと様々なランキングを見てきましたが、どれを重視するのか決まりましたか?

もしどれがいいのか分からない・決められないという方は下記をご覧ください。

・合格しやすいおすすめの学校
→LEC通学講座(通学が無理ならLEC通信講座)

・料金が安いおすすめの学校
→資格スクエア

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

講座を見る

・法律系に最も強い大手専門学校の講座はこちら
LEC社会保険労務士講座

・安くて法律系に強い専門学校の社労士講座はこちら
資格スクエアの社労士講座

 

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

・受講者が多い大手専門学校
大原へ無料請求 icon-external-link

・法律系に強く他校の半額以上の安さ
資格スクエアへ無料請求 icon-external-link

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

関連資格

・社労士の受験資格がない方は行政書士を取得すると受験資格を満たす事ができます。
行政書士関係の記事はこちら
行政書士あれこれ

・社労士として独立する場合に一番持っておきたいFP資格の記事はこちら
FPあれこれ

 

 

 

 

-会計・労務・経営関係

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.