おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

不動産関係

【宅地建物取引士】おすすめの通信講座・通学講座比較

更新日:

 

①何か資格を取ろうと宅建の勉強を始めようと思ったけど通信講座ってどこがいいんだろ?

②そもそもどういった学校があるの?比較して考えてみたい。

 

下記にて宅建講座について詳しく比較をしていますので参考にしてください。

 

 

宅地建物取引士 講座比較

 

宅地建物取引士試験は、通常「宅建」と言われ、年間20万人も受験することからその人気ぶりがうかがえます。

人気資格なだけに専門学校のコースも充実しているため、うれしい悩みではありますがどれを選ぶのが最適なのか迷ってしまうでしょう。

 

宅建講座を選ぶ

いきなり詳細を解説するよりも、まずは各学校とコースの表をご覧いただいたほうが全体像を把握しやすいでしょう。

下記にて紹介しますので、ざっと見ていただければと思います。

 

 

宅建講座 学校・コース一覧表

下記は全て2019年合格目標のコースです。

(初学者)

学校 コース 回数 金額
大原 完全合格週2コース 46 134,000
LEC プレミアム合格フルコース 78 151,200
パーフェクト合格フルコース 58 124,200
ユーキャン 宅地建物取引士講座   63,000
資格スクエア 宅建合格パック   64,800
アガルート 入門総合カリキュラム   59,800
クレアール 完全合格パーフェクトコース   46,500

 

(宅建受験経験者)

学校 コース 回数 金額
LEC 再チャレンジ合格フルコース
+スーパー合格講座
73 145,800
アガルート 演習総合カリキュラム   69,800
クレアール 上級パーフェクトコース   19,800

 

 

学校の特徴

icon-book LEC

司法試験、司法書士など法律系を得意としている専門学校だけに宅建も得意としています。

法律系の業績は業界No.1で実力どおり講師も一流で、特にレジュメの使い勝手は非常によくこのおかげで体系的に理解する事ができます。

 

また、過去を徹底分析した一問一答・ウォーク問は法律・会計分野などにおいてかなり好評です。

宅建においても一問一答はコースに標準装備されています。

 

icon-book ユーキャン

 

宅建合格者はトップクラスを誇る通信講座のユーキャン。

安い上に合格者が多いことからコストパフォーマンスは非常にいいといえます。

通常は講師の授業を見て理解を深めていきますが、ユーキャンには基本的に講義がありません。

独学ベースに近い環境で、各自がテキストを読み込み理解し暗記をしていきます。

そのため申し込む際はここをしっかり理解しておきましょう。

 

しかし、講師の説明がなくても独学でテキストを見ても理解ができるような作りになっており、分かりやすさには定評があります。

講義がない分全範囲を終わらせる時間が他の学校と違って早い特徴があります。

 

穴埋めチェック、スマホなどからテストも利用して知識を定着させることができるのでスキマ時間を有効利用することもできます。

もちろん質問制度もあるので、分からない所は質問できる環境も整っています。

 

 

icon-book 資格スクエア

ネットに強い専門学校として現在人気急上昇中です。

他の専門学校よりも圧倒的に安いその受講料が人気の1つです。

トップ講師が解説をし、それをwebで視聴するため土地代、人権費などを大幅に削減する事とができているため実現している価格となっています。

 

紙面等も一切使わないため資料等もなく、資料はネットを通してみる事ができるようになっています。また、テキストは数冊程度になりますが自分で購入する必要がありますが、その金額を考慮しても安い価格設定といえます。

トップ講師が講義を展開するため講義の質は一定となるメリットもあります。

 

また、資格スクエアの画期的なものとして講師レジュメをpc上で自由自在に編集することができるようになっていて、削除、マーカーなど様々なものが用意されています。

もちろん編集したレジュメはダウンロード・印刷する事が可能です。

 

 

宅建 コース説明

LEC

○キャンペーン

11/30まで25%OFFのキャンペーンを実施しています。

 

(宅建初学者)

プレミアム合格フルコース

・受講料:通信151,200円(通学は178,200円)

・講義回数:78回

勉強開始時期目安:~3月

合格するために必要なものを完全網羅したコースとなっています。

コース説明

<理解>

・スーパー合格講座34回
→理解する、記憶として定着させるための講座

<復習>

・分野別!コレだけ演習そうまとめ講座3回
→スーパー合格講座が本当に分かっているのか?を試すために演習をしながら総まとめを行っている講座

・マスター演習講座15回
→○×演習を早速行って各論点が分かっているのかを確認する講座

・出た順必勝総まとめ講座12回
→過去問から「合格者」の正答率の高い問題を題材として、絶対に取るべき問題を体感しつつ本番で落とさないようにここでしっかり仕上げる講座

この3つの講座によって理解不足や自分の分かっていない箇所を徹底的に洗い出す事が可能となります。

<模試>

・公開模試5回
・ファイナル模試1回

<直前対策>

・直前対策究極のポイント300の攻略講座3回
・的中予想会3回
・6点アップ直前かけこみ講座2回

 

 

パーフェクト合格フルコース

・受講料:通信124,200円(通学は145,800円)

・講義回数:58回

勉強開始時期目安:~3月

プレミアム合格コースにある「出た順」「直前対策」がない以外は同じコースです。

 

(宅建受験経験者)

再チャレンジ合格フルコース

・受講料:通信145,800円(通学は172,800円)

・講義回数:73回

勉強開始時期目安:~3月

 

コース説明

<理解>

・スーパー合格講座34回
・ハイレベル合格講座18回
・分野別ベーシック答練6回
・総合実践答練3回

<模試>

・公開模試5回
・ファイナル模試1回

<直前対策>

・過去問対策ナビゲート講座2回
・直前バックアップ総まとめ講座3回
・ラスト1週間重要ポイント見直し講座1回

基礎論点にプラスして頻出論点・応用論点もプラスした講座となっているため再受験生最強のコースといってもいいでしょう。

答練と模試を併せると15回の圧倒的なアウトプットは業界トップクラス!

 

こんな人におすすめ

アウトプットの多さにプラスして、解法テクニックを学ぶ事で得点を重ねていく事が可能です。

⇒前回不合格だったけど、次は何が何でも合格したい人におすすめのコースとなっています。

※受験経験者の場合は他にも安くなっているコースが用意されています。

LECはこちら⇒「LEC 宅建講座

 

 

ユーキャン

宅建講座

・受講料:63,000円

勉強開始時期目安:~3月

 

使用教材

・スケジュール表
・民法入門ブック
・基本テキスト3冊
・学びオンラインプラスでのテキストの解説動画
・過去問集
・添削課題集の模擬試験

コース説明

ユーキャンの宅建講座は6ヶ月で合格する事を目的として作成されています。

短期合格可能な理由は2つ

①限定した教材

②テキスト中心の学習

テキストについては満点を取る作りにはなっておらず70%を確実に取る構成となっています。

宅建の合格率は毎年15~16%ですが、合格できない理由の1つに与えられた教材を100%自分のものにできていない受験生が多いからです。

徹底した教材によって無駄を省く事ができるのでユーキャンのテキストで100%吸収する事ができれば確実に合格できるコースとなっています。

 

○分かりやすいテキスト

ユーキャンは基本的には動画を視聴して勉強するものではなく、テキストを読み込んで自分で勉強することになります。

しかし、独学でも勉強しやすいように分かりやすい作りになっています。

 

○他の講座と違って割と短時間で終わる

通常、講義がある場合は「講義→講義の復習→テキストの読み込み」といった流れになりますが、ユーキャンの場合は最初からテキストの読み込みとなるため早いペースで進めることができます。

また、分からないところがあっても質問する事ができます。

 

こんな人にはユーキャンは向いていない

・テキストを見て自分で勉強する事が苦手な人

・講義を視聴して勉強がしたい人

・講義を見て理解を進めたい人

こういった人はユーキャンは向いていませんので他の学校の講座を探すのがいいでしょう。

 

安く済ませたい人にはおすすめのコースです。

デジタル付コースも用意されており、こちらは紙ベースとデジタル両方を使って勉強する事ができるので、工夫次第で様々な勉強が可能となります。

こちらは通常のコースに+5,000円の68,000円で受講する事ができます。

ユーキャンはこちら⇒「ユーキャン 宅建講座

 

 

資格スクエア

宅建合格パック
キャンペーン

・受講料:45,360円・・11/30限定キャンペーン30%OFF!
通常価格64,800円

講座は1月から始まりますが、それまでの間は2018年向けの講座をすべて視聴することができる大特典付となっています。

そのため講座が始まるまでの時間を最大限有効活用する他校にはない大きなメリットがあります。

勉強開始時期目安:~3月

資格スクエアは動画である講師の声を聴きながら勉強がしたい、だけど講座は安くという方にはぴったりのコースとなっています。

インプット講座50時間

アウトプット講座40時間

直前対策講座10時間

※使用予定である「クラウド宅建士TWINS1,2」のテキストは付属していないため、この2冊は自分で購入する必要がありますが、キャンペーン中のため2018年向けのテキストを無料プレゼント実施中です。(なくなり次第終了)

 

資格スクエアのテキストは法律が苦手、法律が初めての人であってもとっつきやすいようにイラストがたくさん入ったテキストになっており、また講師の解説、ポイントがよく分かるオリジナルレジュメがあるので理解しやすく分かりやすい講座となっています。

 

メモ

講師は「簡単に言えばこうですよ」といったことを心がけて授業をしています。

そうすることで受講生は理解がスムーズにできるようになり、結局これってどういうこと?といった事が説明できるようになるでしょう。

こうなれば合格は近いともいえます。

 

スケジュール

2~3月 宅建業法 インプット・アウトプット講座

3~4月 法令上の制限 インプット・アウトプット講座

4~6月 権利関係 インプット・アウトプット講座

6~7月 税法その他知識 インプット・アウトプット講座

9月 直前対策講座

独学ベースではなく講師を説明を聴きながら勉強がしたい、だけど講座は安くという方にはぴったりの講座が資格スクエアになります。

 

資格スクエアのデメリット

紙ベースはテキスト2冊で、それ以外はpcやスマホなどを使って見たり、また印刷して使う事になります。

また、問題演習や過去問、答練・模試といったアウトプットがないためそういったことがしたい方は他の専門学校を使うのがいいでしょう。

 

資格スクエアはこちら⇒「資格スクエア 宅建講座

 

 

コース選び おすすめの一例

 

コースは様々ありどれを選んでいいのか分からない方のために、選び方の一例を紹介しますので参考にしてみてください。

 

5万円程度しか出せない、宅建の勉強にあまり時間が使えない

⇒このような方はユーキャン、資格スクエア、クレアールがいいでしょう。

値段としてはユーキャンは63,000円、資格スクエアは64,800、クレアール46,500円

 

どちらがいいのかはその人の状況によって違いますが、一般的にはアウトプットがしっかりしているユーキャンの「宅地建物取引士講座」がいいでしょう。

 

資格スクエアは講義を動画で視聴することができるので理解の面はいいですが、アウトプットの機会が少ないためアウトプットをするためには市販などから問題集等を購入する必要があります。

レジュメをpcで自由に編集して印刷する事ができるので、こういったことが好きな方は資格スクエアの「宅建合格パック」がいいでしょう。

 

安い場合、アウトプットが不十分になってしまう欠点がありますが、クレアールの場合は安くてアウトプットもしっかりしているので安さを重視する方はおすすめです。

 

できる限り宅建の資格を取りたい方

→値段は高くなりますが、カリキュラムがしっかりしている大原、LECがおすすめです。

 

合格したい度100

「LECのプレミアム合格フルコース」

問題を解く機会が非常に多く、また答練によって自分の位置を常に把握できるので、合格にどの程度足りないのかを掴みやすいメリットがあります。

 

合格したい度90

大原の完全合格週2コース

バランスが取れた講座になっているので無理なく進めることができます。

また、大原は利用者が多いので答練などのアウトプットをしっかり利用することで合格に近づくことが可能です。

 

 

学校比較表

 

項目 クレアール LEC ユーキャン 資格スクエア
形態 通信 通学・通信 通信 通信
スタイル 動画 生講義、動画 テキスト 動画
コース 完全合格パーフェクトコース プレミアム
合格フルコース
宅地建物取引士
講座
宅建合格パック
金額 46,500 10 151,200 5 63,000 9 64,800 9
実績 7 7 10 5
講師 8 10 5 9
テキスト 7 10 9 9
充実 8 9 7 5
総合 8 10 7 5
合計 86 91 84 75

 

 

宅建講座比較 まとめ

以上、宅建の通信講座・通学講座、コース等を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

講座代は気になる所ですが、大きく2つに分かれていました。

大原とLECは10万円を超えていましたが、ユーキャン、資格スクエア、クレアール、アガルートは5万円~6万円となっていました。

 

金額が高いのはそれなりの理由があり、高いということはそれだけしっかりとした講座内容になっています。

そのため合格を確実にしたい方は大原やLECがおすすめです。

講座代を抑えたい方はクレアールが最も安くアウトプットもしっかりしているのでおすすめですが、安くて最もおすすめはアガルートです。

ご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんが、難関資格の専門学校で司法試験まで扱っている法律に強い特徴があります。

また、最近はツイッターなどでも利用している方が増えたなという印象があります。

有名な学校で勉強したい方はユーキャンがいいでしょう。

ユーキャンは宅建合格者も非常に多く質問制度なども充実していますし、なにより多く人が利用している安心感があるのがいいでしょう。

 

各校の講座

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

LECはこちら⇒LECの宅建講座

ユーキャンはこちら⇒ユーキャンの宅建講座

資格スクエアはこちら⇒資格スクエアの宅建講座

アガルートはこちら⇒アガルートの宅建講座

 

上記以外にもおすすめの専門学校があるので下記も参考にしてみてください。

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

大原へ無料請求 icon-external-link

LECへ無料請求 icon-external-link

クレアールへ無料請求 icon-external-link

資格スクエアへ無料請求 icon-external-link

 

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

 

 

 

 

-不動産関係

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.