おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

司法書士

【司法書士】LECの料金、(評判)メリット、デメリット

更新日:

①LECは他の学校と何が違うの?大きな特徴は何?

②料金はどのくらい?

③LECってぶっちゃけどう?メリットやデメリットなど評判を教えて!

このような悩み・疑問をお持ちの方にお答えします。

①LECは司法書士合格者が多い最大大手の専門学校です。
分かりやすい講義が特徴なため法律が苦手な方や法律初学者に最もおすすめです。

②受講料金はライバルである伊藤塾とそれほど変わらないものの若干安く38万円~47万円程度となっています。

③メリットやデメリットについては下記にて紹介します。

 

 

LECの司法書士

LECの特徴

冒頭でも述べましたが、LECは本当に法律初学者であっても15ヶ月程度で一発合格する事が可能な法律に強い専門学校です。

法律の資格でどこの学校にしていいのか?迷ったらLECにすれば間違いなしとも言われていますが、本当にそうです。

司法書士講座の中身としては合格に必要なものは全て詰まっており、LECは最大手ということで、答練・模試は他校にはない利用価値の高いものとなっています。

そのため多くの他校生はLECの模試を受講しています。
(司法書士合格者の4人に3人はLECの模試受講者となっています。)

答練・模試を単科で受講すると割高になってしまいますが、15ヶ月コースは答練・模試を含めたお得なセットとなっています。

 

割引制度

LECは他校にはない割引制度が多くあり、例えば会社を退職した方には「退職割引」といった受講料金を20%安くできたり、これまでLECを利用した方は安く受講できたり、他校からLECに移った方は割引制度が設けられています。

 

・退職者・離職者応援割引 20%割引

・再受講割引 10万円割引

・他社からの割引 7万円割引

・宅建・行政書士・社労士等合格者の他資格割引 7万円割引

 

講師

LECには人気講師が多くいらっしゃいます。

そして講師によってその講師専用のレジュメがあったり、講師によって授業の進め方が大きく異なってきます。

一歩間違えば講師によって合否に大きな差が出てしまうデメリットがありますが、講師に裁量を認めたことで大きな力を発揮する事ができ、合格率を高める事に成功しています。

通常の専門学校の場合では講師の合う・合わないによって勉強のしづらさといったものがありますがLECにはそのようなものはなく、どの講師を選んでも合格に必要なものは吸収できるような体制は確保されているのでその点は気にする必要はありません。

 

参考までに講師の選び方の1つの基準をご紹介します。

どの講師にする?

・初学者に圧倒的な人気を誇るため、初学者の方は「海野講師
→海野講師オリジナルの教材によって講義で学んだことで抑えるべき事が書かれてあるので、復習を効率的にすることができる。
時間がない社会人の方にも海野講師はおすすめといえます。

・飽きやすい方や勉強を苦痛に特に感じる方は講義を面白くされる「根元講師
→当サイトでは独学のおすすめテキストとして紹介をしていますが、そのテキスト著者は根元講師です。
学校には超人気講師といった方が在籍されている場合がまれにありますが、その人気講師が根元講師になります。
とにかく講義がおもしろい!だから忘れない!(笑ってしまう事も多い)
あのページのあれは・・そうそう根元講師が身振り手振りしたあれだ!と講義がが終わっても講義がよみがえってくる、そんな講義をされるので講義を聴くのが待ち遠しくなる方も少なくありません。
初学者や法律が苦手、勉強が苦手な方は根元講師がおすすめです。

・短期合格者を多く輩出していてかつ分かりやすさに定評のある「秋元講師
→難しい法律用語を噛み砕いた言葉で分かりやすく、そして図表を多く用いて説明をされるので理解でき、図表は記憶に残ることが多いので暗記もしやすい。
また、司法書士は暗記する事項が多いですが実務を交えた説明によってイメージをすることで応用力にも対応する力がつきます。

上記以外にも人気講師として有名な森山講師、佐々木講師、田中講師k等がいらっしゃいます。

このようにLECの司法書士の講師は人気講師がずらりと並んでおり、LECで教壇に立つ講師は他校のトップ講師を超えていると思ってもいいでしょう。

 

LECの司法書士受講料金

開始時期によって受講料金は異なる場合があります。

司法書士の受験が初めての方

15ヶ月合格コース<秋生>全130回

通学講座 449,020円
通信講座web 387,460円
通信講座DVD 469,550円

通信講座の方が安く受講する事が出来ますが、DVDの場合は受講期間が終わってもDVDがずっと手元に残るメリットがあるのでその分割高になっています。

 

時間がある方または受験経験者等の方

9ヶ月速修コース

通学講座 414,660円
通信講座web 390,640円
通信講座DVD 446,260円

 

LECの評判(メリット・デメリット)

ここではLECの良いところや悪いところを見てみましょう。

LECのメリット

・15ヶ月講座は2月末までに全ての講義が終了するため、3月から総復習にあてる時間が使える

・テキストは合格に必要なものが全て詰まっており、これのみを読み込めば合格する事ができる。
(他の教材を使用する必要がない)
→LEC合格者の多くの方がテキストが素晴らしかったという意見が多くあります。

・初心者に優しい学校
→海野講師を筆頭に分かりやすい講義が多い

・講義が終了しても「教えてチューター」によって質問をする事ができる
→受験生活は不安が大きい中、些細なことでも質問できるのは心強いものです。
調べればすぐ分かるような事でもついつい質問制度を利用してしまったという合格者もいらっしゃいます。

・面白い講義、印象に残る講義、レジュメがいい講師、短期合格できる講師など様々な人気講師が在籍しており講師の層が非常に厚い

・司法書士合格者の4人に3人は受講しているLECの全国もし
通常模試は本試験と難易度の差がありすぎるため参考にしづらいデメリットがありますが、LECの模試は本試験と基準点(合格ライン)がほぼ同じなため最適な予行演習が可能

・社会人、主婦の受験生が多いので同じ境遇の仲間・ライバルを見つけやすい

・割引制度が非常に多い

・質問制度による回答がスムーズ(通学・通信問わず)

・法律といえばLECでしょと思っている方が多く、LEC生が多い
→仲間を見つけやすいですし、同じ学校だとテキストや答練などの進み具合を参考にする事も可能
最近はツイッターなどから仲間を非常に見つけやすい(同じ学校だと親近感は倍増)

 

LECのデメリット

・講義が2月末に終わる事で早期に復習をする時間が出来るメリットがありましたが、受講生の仲にはあと1ヶ月早く終わってくれればもう少し楽だったかなといった意見も少なくありません。

・金額が高い
→これはテキスト代や講義代、フォロー代など全てがセットになっている事を考えると40~50万円というのは高いとは一概に言えないところがあります。
※公認会計士だと70~80万円するのでそれと比較すると多少安いのではないでしょうか。

また、質の高い講義を受講する事で1年でも早く合格する可能性は高くなります。
そうすると1年早く働く事ができるので受講料金(投資)を回収する事ができるでしょう。

・面白講義や講義の間に雑談を好まない受講生もまれにいらっしゃいます。
そのような方は合わないかもしれませんが、雑談は全てが無駄なわけではなく長い司法書士受験生活の中で生きてくる場合も少なくありません。

 

 

LECの特徴、メリット・デメリット まとめ

以上、司法書士など法律の専門学校であるLECについて紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。

学校

講座

・LECの講座はこちら
法律入門者におすすめ、ツイッター調べなら合格者が最も多い結果に。
LECの司法書士講座

 

資料請求

資料を請求して考えたい方はこちら

・司法書士の大手専門学校といえばLEC!
合格重視の方はここを選べば間違いなし。
LECへ資料請求

※資料請求はもちろん無料

早い方ですと1分くらい、普通の方ですと2分くらいで終わります。

 

他校の評判

・伊藤塾ってどうなの?評判等が気になる方はこちら
【司法書士】伊藤塾の料金、(評判)メリット、デメリット

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-司法書士

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.