おすすめの資格や独学・通信・通学講座を紹介

資格合格「シカパス」

簿記2級

【簿記2級】LECの評判(メリット・デメリット)と料金・スケジュール

更新日:

 

①LECを利用して簿記2級の勉強がしたいけどどうなんだろ。

②LECの簿記2級の講座の特徴って何?

③LECの評判ってどうなの?

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

①簿記2級を勉強する場合、専門学校はたくさんありますがその中でもLECは最もおすすめする専門学校となります。

②会計界トップクラスの講師がどの学校よりも理解しやすく・苦手になりにくい講義をされます。また通常は1人の講師の講座を視聴することになりますが、LECは2人の講師の講座を視聴することができる他校ではありえない特徴があります。
初学者には分かりやすく、受験経験者はより高い点数を取ることができるようになっています。

③合格するために十分な量を確保しており、また理解することで上位の資格(簿記1級、全経上級、税理士、公認会計士)などに進みやすくLECの講座が良かったのでLECを選ぶ方も多くいらっしゃいます。

ただ、料金はある程度するのでもう少し安くならないのかといった意見もあります。

 

 

簿記2級とLEC

簿記2級の勉強

簿記2級の勉強を始める前に受験者数や合格率等を知っておきたいものです。

日付 受験者数 合格者数 合格率
149回 2018年 6/10 38,352人 5,964人 15.6%
150回 2018年 11/18 49,516人 7,276人 14.7%
151回 2019年 2/24 49.776人 6,297人 12.7%
152回 2019年 6/9 41,995人 10,666人 25.4%

上記は直近4回の受験者データになります。

149回~151回までは合格率がだんだん低くなり簿記2級の受験を控える人が増えるのではないかと言われていました。

実際は前年の6月より増えていることからそれほど影響がないこともあり、さらには前回行われた簿記2級の試験では合格率が前回の2倍程度の25.4%という結果になりました。

当初は簿記2級は難化していくのではないかという予想をいい意味で裏切り、簿記2級受験者おしてはうれしい結果となったのではないでしょうか。

このようにがんばって勉強をすれば合格できるような数年前の状態になったことから簿記2級は受験しやすくなったといえます。

ただ、勉強する範囲は税効果や連結など難しい論点もあることからそれらを苦手としない勉強をする必要があります。

また、出題をする側としてもそれらの理解ができているのかを問う出題が多くなっているのでなおさらその論点を苦手のまま試験会場に行くことはできません。

 

このように簿記2級の勉強をする場合に重要な点は2つ。

1つは理解して問題を解くこと

もう1つは苦手な箇所を作らないこと

この2つを忘れないで勉強をすることが重要で、LECはこの2つのポイントを抑えている学校であるといえます。

 

 

LECの講座を利用して”簿記2級”合格を目指す

LECの料金

最も気になるのは料金ではないでしょうか?

そこでまずは料金を見てみましょう。

簿記2級講座は57,000円(全国模試込み)となっています。

テキストを持っていれば3,000円引きになりますが、ほとんどの方はもっていないでしょう。

また、簿記2級ではなく3級から勉強をしたい方もいらっしゃるでしょう。

LECの簿記講座は3級、2級を同時に学ぶことができる講座も用意されており、59,600円となっています。

簿記3級だけだと16,300円するので、同時に受講をすると13,700円お得になります。

3級・2級の講義を同時に受講したい方はこちら
LEC簿記3級・2級合格パック

 

LECの特徴

LECは通常の専門学校と大きく違うところがあることは先述のとおりです。

通常は1人の講師の講座を聴く事になりますが、LECは影山講師と富田講師の2人の講師の講座のどちらも視聴することができます。

また、両者の講座はそれぞれ違っているので使い勝手がよくなっています。

影山講師の講座は簿記2級初学者の方でも分かるような講義であり、富田講師の講座は受験経験者の方が復習用のために視聴することができます。

※影山講師は75時間、富田講師は51時間の講座時間となっています。

 

そのため簿記初学者や受験経験者によって視聴する講座を変えたり、時間がない方やじっくり聴きたい方はそれぞれ自分にあった講座を視聴することができます。

受験経験者であっても苦手な箇所はあるのでそういった箇所は影山講師の講座も視聴すると苦手をしっかり理解することができるでしょう。

また、影山講師の講座を視聴し、復習用に富田講師の講座を視聴することで違った視点から確認をすることができます。

このように2つの講座を両方視聴することができることから使い方は様々です。

 

LECのスケジュール

※上記はLECのサイトにあるスケジュール(カリキュラム)になります。

このスケジュールで最も注目すべきは「2級完全マスター講座」という項目です。

講座は5月からはじまりますが、11月の試験を受けたい方は講義に追いつくことができるので講座がはじまっていても受講することはできます。

ただ、社会人であれば9月ごろまでに申し込みをしないと講座を消化することができないので申し込みは控えたほうがいいといいたいところですが、実はこの講座はいつでも初めても損をすることがない特徴があります。

それは「この講座は実はお得な特徴があります。」という下の箇所を確認してみてください。

 

この講座は実はお得な特徴があります。

通常は試験がくると講座は終了しweb講座を利用の方はwebで視聴することができなくなります。

しかし、この2級完全マスター講座は次の試験日である2020年2月の試験日まで講座を視聴することができます。

そのため今から勉強をするのか?と迷っている方も2020年2月まで視聴をすることができるので、早く試験対策を行うことができ、合格可能性を誰よりも高めることができます。

 

2級完全マスター講座

この講座はこれまで説明をした2人の講師を選ぶことができる講座になります。

そして、上記表を見ると・・

・しっかり講座(25回)

・さっくり講座(17回)

と記載されていることが確認できるかと思います。

ここが先ほど説明をしたことになります。

しっかり講座25回は影山講師が担当をしている講座になり、
さっくり講座17回は富田講師が担当をする講座になります。

どちらか一方の講座を受けるのか?それとも両方の講座を受けるのか?自由に選ぶことができます。

ただ、DVDの場合は影山講師が標準となり、富田講師については別途お金がかかりますので注意が必要です。

web通信についてはどちらもで視聴することができるので安心をしてください。

 

その他の講座

2級まとめ講座によってこれまで勉強したことを一気に確認をすることができます。
ここでは次にはじまる答練講座に備えて戦うことができるように準備をしておかなければなりません。

そして、マスター講座以外ではこの「2級合格答練全5回」が合格のために最も大事な時期となります。

ここでは実際の試験時間同様に答練(問題)を2時間使って時、その解説が50分で行われます。どのようにして解けばよかったのか?どこを得点すべきだったのかを知ることができます。

そうすると自分にとって何が弱点なのか?今後どのような勉強をしていけばいいのかがはっきりさせることができ、合格に近づくことができるでしょう。

 

 

簿記2級とLEC まとめ

以上、日商簿記2級の勉強をする場合にLECの利用について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

・LEC簿記2級の講座はこちら
LEC簿記2級講座

・簿記の学校で最もおすすめの専門学校
LECへ資料請求

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事



-簿記2級

Copyright© 資格合格「シカパス」 , 2019 All Rights Reserved.